マツコ「ハッキリしろ!」青山愛アナの“育ち”に苦言!?

マツコ「ハッキリしろ!」青山愛アナの“育ち”に苦言!?

記事画像

 10月5日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)にて、「カラオケでやたらとビブラートを使って歌う人が鼻につく」という投稿が紹介された。

 これに対し、有吉&マツコは「カラオケはめったに行かない」と返答。すると、進行役の青山愛アナウンサー(27)は「どうしてですか?」と意外な表情を見せた。どうやら青山アナは、カラオケにはよく行くらしい。マツコ・デラックス(43)に「なに歌うの?」と質問された彼女は、照れくさそうに「BON JOVIを……」と発言。この意外なチョイスに、有吉弘行(42)は笑いながら「(椿)鬼奴じゃねえかよ」とバッサリ。だが、青山アナは「MAROON5とか、オハコです」と自信たっぷりのコメントを続ける。もちろん、マツコから「オハコって言ったな、自分で?」とツッコミを食らっていた。

 また、この日は“おふくろの味”について触れた投稿も紹介されている。やはり気になるのだろうか、有吉が青山アナに「“おふくろの味”はなんなの?」と問うと、彼女はなんと「ビーフストロガノフ」と回答していた。

 アメリカ生活の長かった帰国子女の青山アナに対し、マツコは「おまえ、アメリカなのかロシアなのかハッキリしろ!」とキレ顔に。だが、青山アナは「うちの母の作るビーフストロガノフは、本当においしいんですよ」と主張。「ビーフストロガノフは、ハイカラすぎてギャグだった」と語るマツコ&有吉であったが、2人と青山アナとの溝はいっこうに埋まらずじまいだった。(寺西ジャジューカ)

関連記事(外部サイト)