林修、今の東大生を「スッカスカ」と痛烈批判!

林修氏が自身の出身校である東京大学の学生のレベル低下を指摘し、ネット上で賛同の声

記事まとめ

  • 林修氏が『林先生が驚く初耳学!』で自身の出身校である東大生のレベル低下を指摘した
  • さらに林修氏は「オレは東大生だ”って顔で社会に行ってもらいたくない」と続けた
  • ネット上では「林先生が言うとやっぱり妙に納得してしまう」などの声があがっている

林修、今の東大生を「スッカスカ」と痛烈批判!

林修、今の東大生を「スッカスカ」と痛烈批判!

記事画像

 10月9日に放送された『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)で、予備校講師でタレントの林修(51)が自身の出身校である東京大学のレベル低下を指摘した。この指摘に世間からは「説得力がある」と賛同の声が上がっている。

 番組で「高校生の人口が大きく減少している」という話題になったことから、東大の定員について触れた林。1992年と比べると高校生は85万人近くも減少しているにもかかわらず、東大の現在の定員は昔と変わらぬ3000人のまま。20年以上にわたり、予備校講師として東大受験を見てきた林は、「ギリギリの成績で入った子たちのレベルが昔と比べると全然違う」と嘆いた。

 スタジオには現役の東大生もいたが、おかまいなしに林は続けて「この(東大生の)下のほうはスッカスカですよ」「かつての東大生とは全然クオリティが違う」「スッカスカのカッスカス!」「これで“東大受かった、オレは東大生だ”って顔で社会に行ってもらいたくない」と語気も荒めにバッサリ。現役東大生にとっては耳の痛い言葉ではあるが、林の発言はネットでも話題で、「林先生が言うとやっぱり妙に納得してしまう」「母校でも容赦なくいってしまうとこ好きやわ〜」と好印象のようだ。

「林先生は以前にもこの番組で、東大生が社会で失敗しやすい例を冷静に分析し、“東大だからといってくれるのは数年、そこから先は関係ない”と力説してました。また、『ネプリーグ』(フジテレビ系)で東大卒の弁護士が、他の有名大学のゲストに向かって“他の大学は専門学校”なんて発言したときも、“そういうこと言うからウチの大学は叩かれる”とすぐさまツッコミを入れてました。現役の東大生には厳しい発言が多いですが、むしろ東大の良いイメージを守り、東大生の将来を心配しているようにも思えますね」(芸能ライター)

 ちなみに、イギリスの専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション』で毎年発表される「世界大学ランキング」の2016〜17年版が先月発表され、東大は39位と、前回の43位より大幅にランクアップしている。今回の苦言は、林先生なりの愛ある指摘だったのだろう。

関連記事(外部サイト)