織田裕二「土屋太鳳への神対応」に、称賛の嵐!

織田裕二「土屋太鳳への神対応」に、称賛の嵐!

記事画像

 10月8日に放送されたバラエティ番組『オールスター感謝祭』(TBS系)の「赤坂五丁目ミニマラソン」に、女優の土屋太鳳(21)が出場。共演者も涙ぐむほどの激走を見せ、その後の表彰式が瞬間最高視聴率となる18.2%を記録した。ネットではこの件について話題にしている人が多く、同コーナーで激走を終え、力尽きた土屋に対して織田裕二(48)が見せた対応が“紳士的”だったという声が目立っている。

「土屋は3周目まではトップで走っていました。途中でリオ五輪に出場したモハメド・ファラー選手(33)などの男性選手たちに抜かれてしまったんですが、なんとか最後まで走りきり、ゴール後に床に倒れてしまったんです。そのとき解答者席に座っていたはずの織田さんが、フラフラの土屋さんにサッと駆け寄って、そのままスムーズに抱えてスタジオ隅まで移動して休ませたんですよ。織田さんのこの行動が実にスマートで、すごくかっこよかったんですね」(女性誌記者)

 織田の行動はいまだ感動的シーンとしてネットに語り継がれていて、「織田がこういうの出るの珍しいから見てたけど、マジで神対応だった」「思ったよりいい人だなと思ってしまった。対応も早かったし、けっこう感動した」「太鳳ちゃんがヤバそうな感じだったから心配して見てたけど、ダウンしたときにすぐに織田さんが来てて素晴らしかった!」と称賛の声が上がり続けている。

 織田は『世界陸上』(TBS系)のMCを10大会連続で務めており、陸上競技に対してはかなり思い入れがある様子。その熱はテンションの高いコメントからもうかがわれ、織田自身も「世界陸上はライフワーク」と公言するほどだ。そんな陸上に対する熱い思いを持つ織田だけに、土屋の力を出し切った様子に胸を打たれ、思わず助けに行ったのだろう。

 2014年以降、地上波のドラマから遠ざかっている織田裕二だが、16日から放送が開始となるドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBS系)でも“神対応”な演技を見せてくれることだろう。

関連記事(外部サイト)