新垣結衣「意外なストレス発散法」に、ファン驚愕!

新垣結衣「意外なストレス発散法」に、ファン驚愕!

記事画像

 10月7日、女優の新垣結衣(28)がバラエティ番組『ぴったんこカンカン』(TBS系)に出演し、自身のストレス発散方法を告白したのだが、そのイメージとはかけ離れた内容にファンが騒然としている。

 10月11日よりスタートしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のプロモーションとして、俳優で歌手の星野源(35)とともに出演した新垣。MCの安住紳一郎アナウンサー(43)が二人にストレス発散の方法を聞くと、星野は20代の頃に紙をペンで黒く塗りつぶしていたと告白。安住を驚かせたが、続けて新垣が「たまに踊ってます。家で」と発言すると、安住はさらに驚愕。新垣が「家にミラーボールあるので」「お酒飲みながら、音楽かけて」と明かすと、安住と星野は「えー!?」と衝撃を受けていた。

 新垣の告白は視聴者にも意外だったようで、「イメージと違いすぎる」「ガッキーがミラーボール回して踊るって想像できない」「ギャップがすごすぎ! どういう人なのか分からなくなった」「家でお酒飲んで踊るガッキー……印象とずいぶんかけ離れてるな」といった声が上がり、新たなネタの提供にネット上は大盛り上がりとなった。

「2010年に新垣結衣が『ひみつの嵐ちゃん!』に出演したときは、ストレス解消のために“人のような声で鳴くヤギ”の動画を見ると明かしていました。また松本潤(33)からは“みやげにひたすらストラップをもらわされる”というエピソードを暴露されていました。あまりバラエティに出ないガッキーですが、出演するたびに新鮮なエピソードを提供してくれますね」(芸能ライター)

 “ヒョウモントカゲモドキ”というトカゲを、自宅でペットとして飼っていることでも知られている新垣結衣。他にもまだまだ謎は隠されていそうだ。

関連記事(外部サイト)