ビートたけしの村上春樹氏への持論から日本の”ネットファシズム”の傾向を学ぶ

記事まとめ

  • ビートたけしは「売れるものには必ず"アンチ"がいる」と村上春樹氏を引き合いに出した
  • 転職サイト運営者は、日本には「売れたものは叩けないファシズム」があると考察
  • マスコミがターゲットにした人物へのバッシングへ追随するネットの傾向を問題視も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております