三四郎の小宮、中尾彬に土下座謝罪!?

三四郎の小宮、中尾彬に土下座謝罪!?

記事画像

 5月19日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、三四郎の小宮浩信(33)が出演。仕掛けられたドッキリにボヤきまくり、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(43)やお笑いタレントの有吉弘行(42)をあきれさせる場面が見られた。

 この日の番組は、今年2月に放送された“芸能界の大先輩・中尾彬と楽屋で2人きりになったらどうする?”というドッキリ企画で、俳優の中尾彬(74)に対し「なんだアイツ」と陰口を叩いた小宮を反省させるという内容。小宮に新たなドッキリが仕掛けられ、その様子を隠し撮りしたVTRがスタジオで紹介された。

 番組ではまず、ニセの収録で小宮をテレビ朝日に呼び出し、中尾に対してどう思っているのかを確認することに。隣の楽屋に中尾がいるという設定で、仕掛け人である相方の相田周二(34)が、前回の態度について中尾に謝罪するよう促したが、小宮は「怖いっしょ」とそれを拒否。さらに「(今後は中尾を)避けて生きるしかないよ」と泣き言を漏らした。

 そして翌日、マネージャーから中尾が2月の放送を見て激怒している、というニセ情報を伝えられた小宮は、中尾へ謝罪することになった。これに小宮が「エライことになってきたぞ」となげやりな態度でつぶやいたことから、VTRを見ていた淳は「他人事だな!」とあきれ返っていた。

 ここで、激怒する中尾にしっかりと謝罪できるかを検証すべく、小宮を中尾が待つ料亭にタクシーで向かわせるのだが、運転手の不手際で約束の時間に遅刻してしまうという作戦をスタート。すると運転手が、首都高速道路の出口を間違え、さらに腹痛を訴えてコンビニに立ち寄ってしまい、小宮は「何やってんだよ」「うわ〜、(待ち合わせの時間を)越えてるよ〜!」とボヤキを連発。あまりの緊急事態に、小宮は顔面蒼白になっていた。

 そして小宮は約束の時間から20分遅れで料亭に到着すると、ふすまを隔てた部屋にいる中尾らしき人物に対して、「ロンドンハーツのドッキリのときに、目に余る言動をしてしまい、すみませんでした」と謝罪しながら土下座した。ところが、中尾から説教を受けているときに、あめを舐めていたことが分かり、これを見た有吉は「最低!」とダメ出し。さらに淳も、「謝罪する気ないんだから!」と苦笑いしていた。

 そしていよいよネタばらしとなり、ふすまを開けるとそこにいたのは、ものまねタレントのホリ(40)だった。ホリが中尾の声を演じていたことを知った小宮は、びくびくしながら「本当の方はいるんですか?」と、その場にいた淳に質問。そもそも中尾が怒っていないことを聞かされて、安堵の表情を浮かべていた。

「2月の放送では、VTRを見たヒロミ(52)が、“中尾さんに謝りに行ったほうがいいよ”と真顔で助言していましたが、それくらい小宮の態度は失礼でしたね。ただ、先輩に失礼な態度をとるのは小宮の持ち味でもありますし、そのおかげもあって、今ではドッキリ企画の常連になっています」(お笑いライター)――生まれついての“無礼者”体質!?

関連記事(外部サイト)