イッテQ「出川のミラクル珍プレー」に視聴者感動!?

イッテQ「出川のミラクル珍プレー」に視聴者感動!?

記事画像

 5月21日に放送されたバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、お笑いタレントの出川哲朗(53)が、テニスの錦織圭選手(27)の“高難度ショット”に挑戦。その際、出川が見せた“珍プレー”の数々に、視聴者は大喜びだったようだ。

 この日は「男の挑戦シリーズ」という企画が放送され、出川はモデルの谷まりあ(21)とともにアメリカ・フロリダ州の「IMGアカデミー」へと向かい、錦織選手の得意技である“股抜きショット”にチャレンジ。期間は2日間しかなく、さっそくコーチと猛特訓に励む出川だったが、練習中にはボールを腹で挟んだり、下腹部をラケットで強打したりと珍プレーが続出。スタジオと視聴者の笑いを誘った。

 中でも話題になったのは、ボールを打ち返そうと出川がラケットを振った際、ボールがラケットのフレームの隙間にすっぽりとハマってしまったシーン。これだけでもめったにない状況だが、さらに出川はボールがハマったことにまったく気づかず、何もなかったかのようにプレーを続行しようとした。これには、スタジオでVTRを見ていた共演者から「?でしょ!? すごい!」「奇跡が起き過ぎる」と驚きの声が上がっていた。

 そして、この珍プレーは視聴者にも大ウケ。「出川に笑いの神が降臨した」「まさかの本人気づいてないパターンのミラクルかよ!」「ショット成功よりも、ミラクルプレーのほうが好きやったわ」「さすが出川! 尊敬する」「これぞ、出川ミラクル!」と、SNSなどには称賛が多く上がった。

 ちなみに、“出川のミラクル”は今回だけではなく、過去にもさまざまな場面で起きている。

 出川は、2013年9月に放送された『イッテQ!』でイチロー選手(44)の“背面キャッチ”に挑戦したとき、自分がキャッチし損ねたボールにつまずき、足首を捻挫。また自身初の冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京)の放送前に、野外で会見が行われたときには、出川の登場と同時に近くの踏切から警報が鳴り響き、出川がしゃべり始めると電車が轟音を立てながら通過するという一幕もあった。

「最近は『イッテQ』効果か、出川の好感度がうなぎ上りなんですね。昔は“抱かれたくない男”の常連だった出川ですが、今は“かわいい”という評価まで出始めているようです。これも“出川ミラクル”のなせる業かもしれません」(芸能誌ライター)

 今回、出川哲朗は6時間にも及ぶ挑戦の末、ラスト1球で見事ショットを成功。「錦織さん、見ていただけましたか。成功しました!」と喜びを爆発させていた。これからも、予測不能な「出川ミラクル」で視聴者を楽しませてほしい。

関連記事(外部サイト)