ついに兵器まで!? TOKIOの作製能力が話題に

ついに兵器まで!? TOKIOの作製能力が話題に

記事画像

 5月21日に放送された『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、アイドルグループのTOKIOが“大砲”を作り上げ、視聴者を驚かせたようだ。

 この日の放送では、同番組の人気コーナー「DASH ご当地PR課」で、岡山県岡山市を訪問。岡山市はマスカットの生産量が日本一ということで有名だが、一方で“コルクの町”であることはあまり知られていない。そこでTOKIOは岡山市を“コルクの町”としてPRするため、「巨大コルク銃」を作ることに。

 番組では、空気圧を利用してコルク弾を打ち出す“ポンポン銃”を作成。通常は1センチほどの弾を飛ばすものだが、今回は直径40センチ、重さ10キロの弾を撃ち出す超巨大版で、バンジージャンプ用のゴムを6本使用し、大砲のようなポンポン銃を作り上げた。地元岡山市の住民が見守る中、TOKIOの城島茂(46)と山口達也(45)の二人は完成した銃を使い、コルク弾を約25メートル飛ばすことに成功した。

 当初は80メートルの飛距離を目指していたため、発射直後、現場で見ていた子どもたちは「ええー……」とガッカリしていたが、テレビで見守った視聴者は大満足だったようだ。「もうちょっと改良すれば倍は飛びそう」「銃身の角度も調節できるとかよく作ったわ」「発射音がすごい迫力でびびった」「どう見ても攻城兵器」「兵器まで作るアイドル、TOKIOはすごいよ」と、SNSには称賛のコメントが相次いだ。

「TOKIOは、2016年にも、無人島にあった資材で即席の“投石器”を作っています。このときは2キロの石を40メートルも飛ばしていましたね」(テレビ誌ライター)

 相変わらずアイドルとは思えない作製能力を見せつけたTOKIO。次はどんな活動で、視聴者を驚かせてくれるのだろうか。

関連記事(外部サイト)