リバース、湊かなえ作品との「隠れコラボ」が話題に

リバース、湊かなえ作品との「隠れコラボ」が話題に

記事画像

 “イヤミス(イヤなミステリー)の女王”湊かなえ氏原作のドラマ『リバース』(TBS系)に、過去の湊氏原作ドラマとの「隠れコラボ」が登場し、話題となっている。

 それは5月19日に放送された第6話での一幕。主人公の深瀬(藤原竜也/35)は、友人の浅見(玉森裕太/27)と、10年前に事故で亡くなった広沢(小池徹平/31)の実家がある愛媛を訪問。そして二人はその晩、広沢の地元の友人らが開いてくれた飲み会に参加する。

 この飲み会は「食事処さざなみ」という店で行われたのだが、この店の看板が映し出されると、店の名前に見覚えがあるという視聴者が続出。実はこの「食事処さざなみ」は、2014年に放送されたドラマ『Nのために』(TBS系)にも、窪田正孝(28)演じる成瀬慎司の実家として登場しているのだ。

『Nのために』が『リバース』同様、湊かなえ氏原作のドラマということもあり、このことに気づいたドラマファンは、思わぬ“作品間リンク”に大興奮。ネットには「『リバース』に出てきた食堂、前に『Nのために』に出てきた料亭と完全一致しました!」「愛媛の食事処さざなみって、まんま『Nのために』で燃えたとこやん」「さざなみの食事処が出た瞬間、『Nのために』思い出したわ〜」といった書き込みが相次いだ。

「『リバース』の公式ツイッターでは、ドラマで登場したゼミ室の将棋盤が、『Nのために』の中で使われていたものだとも明かされていました。また発表によると、窪田正孝が演じた成瀬慎司も、今後劇中に登場するらしいですから、楽しみですよね」(テレビ誌ライター)

 ちなみに、今後の『リバース』には、同じく湊かなえ氏原作のドラマ『夜行観覧車』(TBS系)に登場したキャラクター、遠藤彩花(杉咲花・19)も登場するという。過去に放送されたドラマとのコラボも含め、『リバース』から目が離せない。

関連記事(外部サイト)