月9とめちゃイケは終了? フジ「社長退任」で“新たな迷走”

月9とめちゃイケは終了? フジ「社長退任」で“新たな迷走”

記事画像

 視聴者離れが深刻なフジテレビに激震が走った。5月9日、同局は就任から4年目を迎える亀山千広社長の退任を発表。現在、BSフジ社長の宮内正喜氏が後任に就くことが併せて発表になったのだ。

 2015年以降、ゴールデン帯の視聴率は民放5局中4位で、最下位のテレビ東京との差は1%強。全日視聴率は5.7%と、日本テレビの8.4%に及ぶべくもないとなれば、社長交代も当然だろう。だが、「社長交代で改善するんですかね。むしろ“新たな迷走”の始まりと噂されています」(フジ関係者)

 その一つが、女子アナの起用法だという。「亀山社長は“キラキラ系女子アナ”を採用することで知られ、1月の幹部会議では、アナウンス室部長が“役員の好みで(アナの内定が)ひっくり返る”と批判したほど。社長退任で“亀山チルドレン”の立場は激変するはずです」(前同)

 その一人が、今年3年目の宮司愛海アナ(25)だ。「通常、出演アナウンサーは番組側で内容に合わせて指名するんですが、宮司は別。亀山社長が直接、“○○に使え”と言ってくるんです」(フジ編成関係者)

 すでに退社しているが、加藤綾子(32)も社長から重用された一人だった。「カトパンと亀山社長は、メールや電話で直接やり取りする仲。彼女がフリーになっても食事をするなど関係は親密で、レギュラー番組の『ヒーローズ』も、彼女がスポーツに詳しくないにもかかわらず、社長が仕事を与えたい一心で決まったといいます」(前同)

 亀山社長の退任以降は、「彼女らは使いづらくなるはず」(同)というのだ。また、亀山社長といえば、『ロングバケーション』や『踊る大捜査線』をヒットさせるなど、制作畑一筋の人物。社長就任から最も力を入れていたのが、月9ドラマの復活だった。だが、「昨年以降、すべての作品で平均視聴率が2桁に届かず、前作『突然ですが、明日結婚します』では、史上最低の6.7%を記録したんです」(芸能記者)

 しかも、視聴率以外の問題も浮上しているという。広告代理店社員が話す。「俳優が主演オファーを受けてくれないんです。『突然ですが〜』のときは当初、竹野内豊さんにオファーを出して台本も渡していた。だが、撮影開始の1か月前に断られ、他のイケメン俳優に打診しましたが、すべて断られてしまった。結局、台本そのものを変えて、若手女優の西内まりやさんを主演にすることに決まったんです……」

 さらに、主演オファー拒否は続き「今年秋の月9では、木村拓哉さんにも断られている」(前同)という。「現在、嵐の相葉雅紀さんが主演の『貴族探偵』を放送していますが、ジャニーズからは“これでコケたら、もう月9に人を出さない”と言われています」(同)

 そこでフジは、異例とも言える宣伝費や制作費を投入したが、平均視聴率1桁台の惨憺たる状況という。「ジャニーズなしの月9なんて無理なんで、亀山社長の退任後、月9終了に向けた動きが出ます」(同)

 また、96年放送開始のバラエティ『めちゃ×2イケてるッ!』もイケてない終焉を迎えることが濃厚だ。「最近は、視聴率5%を切ることもザラ。復活を期して14年に放送した4時間特番には、社長自ら登場。ペンキをかけられるなど体を張りましたが、改善の兆しは見えず」(フジ関係者)

 すでにカウントダウンは始まっているという。「少し前の収録から、それまでの1本撮りを2本撮りに変えて、制作費を半分近くにまで抑えることになったんです。土曜日のゴールデンタイムに放送する番組としては異例ですが、これは“めちゃイケに使う予算はもうない”という会社からの通告です」(前同)

 一方で、同じく視聴率が低迷しながらも“無風”なのが『とんねるずのみなさんのおかげでした』だ。「とんねるずのギャラがいまだに1本1000万円と高額なうえ、視聴率は低迷。フジのお荷物とさえいわれていますが、とんねるずとフジの日枝久会長は昵懇の間柄。会長の目が黒いうちは、終わるわけがない」(前出の広告代理店社員)

 日枝会長は、社長就任以来26年もフジに君臨する絶対的存在。亀山社長退任と同時に会長職を退くが、「相談役として残ることが決定済み。新社長は日枝派の重鎮ですから、今後もフジは日枝体制。とんねるずは安泰でしょう」(前同)

 4月3日にはフジの入社式が行われ、その模様が社内報で配布されたが、「タイトル下に大きく掲載されているのが日枝会長の写真で、メインである新入社員の様子は小さく一番下に1枚だけ。“今後もフジのトップはオレ”という無言の圧力と、社内で噂になりました」(フジ関係者)

 亀山社長退任は、新たなドタバタ迷走の始まりか?

関連記事(外部サイト)