有村架純の姉・藍里の便乗に、有吉もあきれ顔!?

有村架純の姉・藍里の便乗に、有吉もあきれ顔!?

記事画像

 5月26日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、女優の有村架純(24)の実姉でグラビアアイドルの有村藍里(26)が出演。“有村架純の姉”を猛アピールし、お笑いタレントの有吉弘行(43)を心配させる場面が見られた。

 番組では、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(43)と田村亮(45)が、それぞれ人気タレントを率いて対決する“ロンハー水泳”を2年ぶりに開催。出演者たちが優勝を目指し、「25メートル自由形」「水上相撲」「浮島渡り」「水上放水縄跳び」「チーム対抗リレー」の5競技で熱戦を繰り広げた。

 番組中盤、プールに浮かぶ9つの島をいかに早く渡り切れるかを競う「浮島渡り」に登場した藍里は、「架純、朝ドラ頑張ってね。お姉ちゃんも頑張りま〜す!」と妹をネタにする便乗ぶりを披露。これに対し、淳が「妹をフルに使うな〜」と苦笑いを浮かべると、お笑いタレントのカンニング竹山(46)も「あそこまで言うと気持ちいいよ!」と思わず感心していた。有村は大胆な格好を見せながらも難所をなんとか乗り越え、見事ゴールイン。タイムはいま一つだったが、「お姉ちゃん頑張りました」と息を切らしながら感想を述べる藍里の姿に、共演者からは拍手が送られていた。

 さらに、藍里は放水を浴びながら縄跳びの回数を競う「水上放水縄跳び」のスタート前にも、「架純! 架純! 架純!」と妹の名前を連呼して気合いを入れる“便乗芸”を見せた。だが、わずか3回跳んだところで体のバランスを崩してしまい、プールへ落下すると「架純、こんなお姉ちゃんでごめんね」と、またしても“有村架純の姉”をアピール。これには、さすがの有吉も「そろそろ怒られるんじゃない? 大丈夫?」と心配していた。

「藍里は5月19日に放送された同番組でも“(自分とつきあったら架純に)絶対、会えます”など妹をネタにトークを展開していました。当初は“ウザい”と見る向きもありましたが、ここまで堂々としていると、逆に好印象を持たれ始めているようですね。ただ、有村架純自身は姉について、ほとんどコメントしていないので、あまりいい印象は持っていないのかもしれません」(芸能誌記者)――本当にそのうち怒られる!?

関連記事(外部サイト)