小さな巨人、香川照之の「迷セリフ」が大ウケ!

香川照之『小さな巨人』第7話でのセリフが話題 長谷川博己に「200は100の2倍だぞ」

記事まとめ

  • TBS『小さな巨人』は長谷川博己と香川照之が警察組織の闇を暴いていく物語
  • 第7話で長谷川演じる香坂に香川演じる小野田は「200は100の2倍だぞ」と語りかけた
  • SNSには「当たり前すぎる!」「めちゃ怖い顔で普通のこと言った」と話題に

小さな巨人、香川照之の「迷セリフ」が大ウケ!

小さな巨人、香川照之の「迷セリフ」が大ウケ!

記事画像

 5月28日にドラマ『小さな巨人』(TBS系)の第7話が放送され、平均視聴率12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 このドラマは、長谷川博己(40)演じる所轄刑事の香坂真一郎が、香川照之(51)演じる小野田義信捜査一課長らと激しく戦いながら、警察組織の闇を暴いていく物語。第7話でも香坂と小野田が激突するシーンが登場したが、その中で飛び出した“あるセリフ”が大きな話題となっている。

 第7話で、香坂たちは「早明学園」で起きた殺人事件を捜査。その結果、学園の専務を務める富永拓三(梅沢富美男/66)に疑いの目を向ける。しかし富永は元捜査一課長で、警察組織に大きな影響力を持つ人物。そのため小野田は「適当な証拠だけで疑うことなど許されない」「100%の証拠でも足りない! 200%の覚悟というものが必要だ!」と、富永が犯人である確実な証拠を持たない香坂を突き返した。

 そこで香坂はさらに捜査を続行。ついに富永のアリバイを崩す証拠を見つけるが、これでも小野田は「仮説に過ぎん」と一蹴。これに対し、香坂は「100%の証拠はありませんが、200%の覚悟はあります」と、富永の事情聴取を求める。すると小野田は「“200%の覚悟はある”とはよく言った!」「知ってると思うが……200という数字は、100の二倍だぞ?」と、香坂に語りかけたのだ。

 この「200という数字は、100の二倍」というセリフに、視聴者は大盛り上がり。放送中からSNSには、「当たり前すぎる!」「めちゃ怖い顔で普通のこと言った」「香川さんよく笑わずに言えたな!」「唐突に出てきた算数に思わず笑った」「今日の小さな巨人に小学生が二人」といったツッコミが続出。シリアスなシーンの思わぬセリフを、視聴者は楽しんだようだ。

「『小さな巨人』には、序盤から“100%”というセリフがたびたび登場していました。今やドラマになくてはならない決めゼリフになってますが、物語が後半に入って、100%が200%になったこと自体、まるでセルフパロディのようですよね」(テレビ誌ライター)

 ちなみに、6月4日放送される第8話の予告を見ると「300%、クロだ!」というセリフが登場するもよう。「最終回には1000%いきそう」と期待する視聴者もいるようだが、はたして!?

関連記事(外部サイト)