櫻井翔の「人間力」に、千鳥・大悟メロメロ!

櫻井翔の「人間力」に、千鳥・大悟メロメロ!

記事画像

 5月25日に放送されたバラエティ番組『VS嵐』(フジテレビ系)で、嵐の櫻井翔(35)がさりげない気遣いを発揮。千鳥の大悟(37)がメロメロになる場面があった。

 嵐とゲストがさまざまなアトラクションで対決する同番組。この日の放送では、大悟をリーダーとしたチーム“大悟軍団”が登場し、「キッキングスナイパー」や「ピンボールランナー」などおなじみの競技で嵐と対決した。

 両チームの対決の中で、ボウリングの玉を投げ、ベルトコンベアで運ばれてくるピンを倒す競技「ボンバーストライカー」では、リーダーの大悟が大活躍。すると嵐チームの櫻井は、敵であるにもかかわらず、大悟を「カッコ良かった」と絶賛。これに対し、大悟は「(櫻井が)“疲れましたよね?”とか、“大悟さんけっこう倒してましたよ”とか、カメラ止まっているときに言うてくるんよ」と告白。すっかり櫻井に惚れ込んでしまったようで、「わしはもう今、櫻井軍団になっとる」と語っていた。

 敵のリーダーをメロメロにしてしまった櫻井を、視聴者も大絶賛。放送後のSNSには、「共演者を気遣う櫻井くん、ほんと人たらし」「私も“櫻井軍団”に入りたい!」「翔ちゃん相変わらずコミュ力すごいなぁ」「カメラ回ってないところでこんなこと言われたら誰でも入団するでしょ!」といったコメントが続出。中にはこの場面をキャプチャして拡散する人まで現れた。

 バラエティ番組だけでなく『NEWS ZERO』(日本テレビ系)ではニュースキャスターとしても活躍する櫻井翔。その繊細な気遣いは、キャスターの仕事でも発揮されているようだ。

「ニュース番組では、指し棒を使ってパネルで解説する場面がよくあると思うのですが、櫻井は人物を指すときだけ、棒でなく指を使うんです。こういったところにも、彼の心遣いが表れていますよね」(芸能ライター)

 これから「櫻井軍団」は、さらに拡大していきそうだ。

関連記事(外部サイト)