パチプロはなぜ毎日勝てるのか?パチンコで稼ぐ努力

パチプロはなぜ毎日勝てるのか?パチンコで稼ぐ努力

記事画像



現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第46回 パチプロの「誰にも言えない努力の裏側」



 パチプロが日頃パチンコを打つのは、楽しむとか面白いとかではなく、ズバリ「稼ぎまくる」ことが目的です。パチンコを楽しむ意識を捨てて、非情なまでに「勝ち」を追求する毎日を送っています。そして、勝ちを追求するために、パチプロは皆、かなり地道な努力を行っているのです。ただやみくもに台を打って、勝っているわけではありません。

 この毎日の努力こそが、パチプロにとってもっとも重要なこと。どれだけ経験や知識を積んでいても、精進を惜しめば容赦なく負けてしまいます。それでは、パチプロは勝つためにどんな努力をしているのでしょう?

 パチンコで勝つ基本中の基本は、「良く回る台」で「長時間打つこと」。パチプロにとって、この正攻法を身につけるのと同じくらい大事な努力が、新台の勉強です。プロなら誰しも「この台なら俺は負けねぇ」という“得意機種”を持っていますが、今はパチンコホールの新台入替サイクルが早すぎるので、新台の知識を常に補充し続ける必要があります。台の知識といっても、予告やリーチなどの演出関係は不要。必要なのは大当たり確率や出玉数などのデータです。ちなみに機種を分析する際には、出玉の爆発力よりも、時間効率や堅実性を重視するプロが多いです。

 パチプロは、千円で何回転するのかが分かれば、その台で1日いくら稼げるのか、瞬時に把握できます。しかし、それでも打っている間は常に計算し続けます。回転数が上がったり下がったり、あるいは右打ち中に玉が減ったりするたびに計算をやり直さないと、日当の見込みが大きく狂うからです。つまり、打ち終わったときに「思ったほど稼げなかった」ということを避けるため。この暗算力がプロの生命線であり、腕前の差として現れますが、何年やっていても面倒くさい(笑)。

 そして帰宅後は実戦データの整理です。1日単位の勝ち負けにさほど意味はありませんが、データが累積するほど台の実力がハッキリ浮かび上がってくる。つまり、その台でどれくらい稼げるかが分かってくるわけです。

 昔は計算上で「3〜5万勝てる」パチンコ台がゴロゴロしてました。今ではそんな台も少なくなって、2万円レベルで妥協するパチプロも多いですのう。

 さらにはアタマだけではなく、自らの足を使う努力も重要です。「ホールの下見」はパチプロを廃業するまで休めない努力。何千回と通った店でも、状況は刻々と変化するものなので、実際ホールに足を運んで、どんな状況なのか自分の目で確認します。

 いわゆる“釘読み”も大事なんですが、1台1台の状況よりも、「店の傾向」を把握するのが一番の目的です。どんな基準で出すのか締めるのか。力を入れているのは新台か旧台か。お客にサービスするのは曜日なのか特定日なのか、あるいは月単位なのか。ネット情報では得られない告知が潜んではいないか。そんなあらゆるポイントから、前回下見したときと比較して、変化をチェックします。

 さらに大事なのは「次に下見すべきはいつなのか?」の判断。下見ばっかりしていては、打つ時間がなくなりますからのう。もちろん新規開拓も欠かせませんから、ふだん通わないホールのチェックも必要です。体がいくつあっても足りません(笑)。

 そんなとき、パチプロ同士で情報を交換したり、グループで持ち玉を分け合って打ったりすれば、もっと効率よく稼げます。実際そういう人もいますが、一般のお客さんが正々堂々と個人で打っているのに、パチプロが徒党を組むのはズルイなと、わしは思ってます。あくまで店のルールにもよりますけどね。

 意外に思われるかもしれませんが、プロとして長くやっていくには「ヘタクソ」に見せる努力も必要です。パチプロはいつも勝っているので、どうしても目立ちます。ホールから“パチプロ認定”されれば、追っている台の釘を締められたり、最悪の場合は「出入り禁止」もありうる。他のお客さんや同業プロに目をつけられた場合でも、徹底マークされて打つ台にあぶれてしまったりもしますしのう。しかし、「あいつはうまそうに見えるけど、実はたいした腕じゃなさそう」と思わせられたら、しばらくは安泰です(笑)。

 同業者の存在はけっこう微妙ですね。数ある候補から厳選したホールに向かってみると、開店前から同業プロがギッシリ。そんな日は狙い台に座れないことも多いので、打つ前からゲンナリしてしまいます。一方、知らないホールへ半信半疑で下見に行ったとき、同業プロを見つけたりすると「自分の目に狂いはなかった!」と安心します(笑)。

 そして、パチプロには健康管理の努力も大切です。勤め人と違ってボーナスも有給休暇もないので、風邪をひいただけで日当が吹き飛びます。なので、食生活に気を遣ったり、ジムに通って運動不足を補うパチプロも意外に多いんです。

 パチプロは勝ちまくって悠々自適なイメージがあるかもしれませんが、実際はこのように、水面の下でひたすら足をバタつかせています。朝から晩まで打てる時間と、不運な展開に耐えるタフネスさがあれば、誰でもパチプロにはなれます。ただし、それなりの努力が必要になることを覚えておいてくださいね。

■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

関連記事(外部サイト)