国分太一、鉄腕Dで「ゴチばりのピタリ賞」!?

国分太一、鉄腕Dで「ゴチばりのピタリ賞」!?

記事画像

 5月28日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に、“カミツキガメ”を使ったオリジナル料理が登場。TOKIOの国分太一(42)がその料理の値段をピタリと当て、「さすがゴチメンバー」と話題になっている。

 この日、放送されたのは「グリル厄介」という企画。日本本来の生態系をおびやかす“外来種”をTOKIOが捕獲し、一流レストランのシェフに調理してもらうというものだ。今回取り上げた外来種は、千葉県印旛沼にいる北アメリカ原産のカミツキガメ。専門家の協力を得ながら、TOKIOは15匹の捕獲に成功した。

 その後、TOKIOはカミツキガメを持って、銀座のイタリアンレストラン「リストランテ・フィオレンツァ」の橋本直樹シェフを訪ねる。持ち込まれた食材に、シェフは「ガメラ?」と驚いたようだったが、「亀料理は昔のイタリアンにはある」と調理開始。「ソプレッサータ」「カミツキガメのジュレ」「カミツキガメの生ハム スーゴのパスタ」の3品を完成させた。

 そして試食後、パスタの値段が出題。国分は最初「2000円」と答えたが、その後悩んで「2200円」と微調整。正解は「2200円」で、国分の予想はズバリ的中。これに国分は「すごくない!? 俺一度もクビになってないから『ゴチ』で!」と大喜びした。

 国分といえば、『ぐるナイ』(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」に19年間出演している。これは高級料理の値段を当てるという企画で、一年間を通したレースで最下位になれば、コーナーを“クビ”になってしまう。番組レギュラーのナインティナインの二人が何度かクビになっている一方、国分はこれまで一度も最下位になっていない。

 そんな国分だけに、今回の正解劇には視聴者も納得したようだ。「さすが“ゴチプロ”の国分はちがうな!」「ゴチで鍛えた能力が発揮されてる!」「今日も国分のゴチ力が冴えわたってるなぁ」「また国分がゴチバトルの伝説を作ったのか」と、SNSなどには称賛のコメントが多く書き込まれた。

「『グリル厄介』のコーナーは最近始まったばかりの企画ですが、見たこともないトンデモ料理が面白いと、番組のファンからは注目されています。3月の放送では、全身がタイヤのように硬いウロコで覆われた、“プレコ”と呼ばれるナマズの仲間を調理してたんですよ」(テレビ誌ライター)

 今回なじみのない料理でも圧倒的な“値段感覚”を見せた国分太一。今後も、『ぐるナイ』メンバーとして新企画を盛り上げてくれそうだ。

関連記事(外部サイト)