島田紳助氏、待望論続々で「復活プラン」!?

島田紳助氏が関西準キー局で芸能活動再開か 明石家さんま、松本人志など待望論続々

記事まとめ

  • 島田紳助氏が、今秋にも関西準キー局で芸能活動を再開するという情報が駆け巡っている
  • 極楽とんぼ山本圭壱を吉本興業が再所属させたのも、紳助氏復帰への布石だという見方も
  • 明石家さんま、ダウンタウンの松本人志、ナイナイの岡村隆史も紳助氏の名前を口に

島田紳助氏、待望論続々で「復活プラン」!?

島田紳助氏、待望論続々で「復活プラン」!?

記事画像

 吉本時代の後輩芸人や親交のある芸能レポーターたちの口から“彼”の名前が出る機会がなぜか急増中。復帰への地固めはすでに完了か!?

 ついに“あの男”がテレビに帰ってくるか――。2011年に芸能界を引退した島田紳助(61)氏が、関西準キー局で芸能活動を再開するという情報が、テレビ界を駆け巡っているのだ。「早ければ、今秋にも再始動するのではといわれており、現在、某ワイドショーが復帰のスクープ、独占取材をモノにしようと、水面下での動きが活発になってきています」(番組関係者)

 7本もの人気番組を抱え、テレビ界の頂点に君臨していた紳助氏だったが、過去の“黒い交際”が発覚。11年8月23日に開いた緊急会見で引退を発表して、すべてのレギュラー番組を降板し、視聴者の前から完全に姿を消した。その後、復帰説が浮上するたび、一部取材に、本人が「(復帰は)絶対にありません」と否定してきた。

「今年の4月の初めには、現在の紳助さんは旅行にゴルフに草野球、さらに週に3〜4回の筋トレと、悠々自適の非常に健康的な毎日を送っていることが、芸能レポーターの井上公造氏によって紹介され、改めて“復帰はない”と話していることが伝えられました」(テレビ誌記者)

 だが、これを額面通りに受け取ってはいけない。「実は、4月の復帰否定情報が流れたときには、すでに復帰へのさまざまな調整が始まっていたようです。その動きを知る関西のテレビマンたちは“いやいや、話が逆やろ”と笑っていました」(前出の番組関係者)

 なんでも紳助氏は、カメラの前でしゃべりたくてウズウズしているという。「今年3月、友人約60人を集めて紳助さんの誕生パーティが行われたそうですが、紳助さんは一人マイクを握り、約4時間にもわたって出席者を笑わせ続けたといいます。トークの腕、笑いの勘に一切の衰えはなく、むしろパワーアップしているようにさえ見えたそうです。あれだけのしゃべりの才能を持て余す日々に、もう耐えられなくなっているかのようでした」(ワイドショー関係者)

 確かに、「未練はない」「復帰はない」と言いながら、この1〜2年、紳助氏はかなりメディアとの距離を縮めているように見える。

「紳助がスタートさせ、人気番組となった『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)を石坂浩二が昨年2月に降板した際には、“石坂さんなしで番組の成功はなかった”という感謝のコメントを出していますし、その直前にも、川谷絵音との“ゲス不倫”が発覚し、大バッシングを受けていたベッキーに対し、<タレントとしてはダメなベッキーかもやけど、僕は全てをかけたベッキーが素敵に思えます>といった長文メールを番組に寄せています。メールの最後には、<あ〜、現役なら伝えたかった!>とまで綴っており、思いっきり未練をにじませていましたよね」(芸能記者)

 今年の1月末には、紳助氏が一大おバカブームを巻き起こした『クイズ!ヘキサゴン2』(フジテレビ系)のプロデューサーの結婚式に、お祝いのVTRメッセージを寄せていたことも大きな話題となった。

「引退直後から、吉本興業の大崎洋社長は“いつの日か、私たち吉本興業に戻ってきてもらえるものだと信じております”と語っており、その後も大崎社長とは連絡を取り合って、定期的に会談を重ねてきているようなんですよ」(前同)というから、初めから復帰ありきの引退だった可能性もありそうだ。

「業績不振もあり、吉本としては一刻も早く、紳助に復帰してもらいたいというのが本音。着々と、地ならしを進めています」(同)

 これまでに、同期デビューのライバルで親友と認め合う明石家さんまが、「(紳助は)帰ってきていいんですよ」と言い、紳助氏を尊敬し、兄のように慕うダウンタウンの松本人志も、「僕はずっと言ってるんですけど、紳助さんに戻ってきてほしいんですよ」とテレビで語るなど、周囲も復帰への機運を高めてきた。

 先頃も、5月25日深夜放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』では、改めて岡村が紳助氏の名前を出し、復帰待望論とも取れる発言をしている。「マネージャーが岡村の車を駐車した際、雨が降る中で窓を開けっ放しにして車内をビショ濡れにしたことを明かし、若いマネージャーの荒れた仕事ぶりの原因を“紳助さんが引退しはったこと”と分析しています。“どっかでパチンと締めてくれるというか、パーンと言う人がいないのが、やっぱり荒れている原因”と指摘したんです」(放送作家)

 また、06年に、10代女性との騒動によって解雇された極楽とんぼの山本圭壱を、吉本興業が昨年、再所属させているのも、実は紳助氏の復帰への布石だという見方もある。

「一時は逮捕もあるとささやかれた紳助さんですが、結局、書類送検も起訴もされていませんからね。山本よりも、よっぽど復帰しやすく、実は復帰への障害は何もありません。まずは関西準キー局で復帰させ、世間の反応を見ながら、機を見て中央復帰という青写真を描いているようですね」(番組関係者)

 フル充電状態で帰ってくる“しゃべりの天才”が、パッとしない現在のテレビ界をどう変えてくれるのか。期待せずにはいられない。

関連記事(外部サイト)