野波麻帆「男性は裏読みしない、そこがカワイイな」

野波麻帆「男性は裏読みしない、そこがカワイイな」

記事画像

 98年に、映画『愛を乞う人』で日本アカデミー賞新人賞を受賞。女優として映画、舞台、ドラマで輝き続ける野波麻帆さんに、最新ドラマの話から意外な恋愛観、酒席の秘話まで語ってもらった!

――野波さんが出演中の連続ドラマ『恋がヘタでも生きてます』(読売テレビ系)は、登場人物全員が恋に不器用なラブコメということですが。

野波 原作コミックを読ませてもらったんですが、登場人物みんながすごく素直に生きているのに、どこか空回りしているところがあって……。でも、それが一生懸命な感じで、すごく元気をもらえるんですよ。(週刊大衆の)読者の方って、年齢層が高い方が多いかと思いますが、ある程度、年齢がいくと、恋ってしにくいじゃないですか。そんな方がご覧になると、青春時代の甘い恋を思い出して、胸がキュンキュンするんじゃないかなって思います。

――野波さんが演じるのは主人公・美沙(高梨臨)が勤めるゲーム会社の取引先会社の女社長です。

野波 私が演じる和久井遙香という女性は、実は原作に出てこないんですね。

――ということは、役のイメージを作りづらかった?

野波 そもそも女社長という役自体、ほとんど演じたことがなくて。だから、役作りも監督と打ち合わせの段階では、一人の女性としてちゃんと地に足が着いていて、美沙から見たら目標となる、羨ましいと思われる女性であってほしいと言われたんです。

――なるほど。野波さんは女社長と聞いて、どんな女性を想像しましたか?

野波 きびきびして、シャキシャキして、みんなから好かれている……一方で、完璧で隙がない、というのかな。私自身、そういう人には、これまで会ったことはないんですけど(笑)。

――確かに、そうはいませんよね。

野波 実際、演じるとなると、不安はありましたね。そんなふうに演じられているのか、さっぱり分からなかったので。だから、探り探り……って感じでした。

――ドラマを拝見させていただきましたが、クールな感じが出てましたよ。

野波 そうですか〜、フフフフ。でも、監督からは“ミステリアスな感じで演じてほしい”ってお願いされて。

――ミステリアス?

野波 何を考えているのか分からない……視聴者から見て美沙の味方なのか、ライバルなのか分からないように演じてほしいと。

――設定では、美沙が勤める会社の社長・雄島(田中圭)の元恋人ですよね。

野波 元恋人なので、ある程度のことが分かったうえでの関係っていうのがあって。でも、もうベタベタする間柄じゃないし、お互い大人なので、ある程度の距離を置いた関係性だと思うんですね。「あなたのことは分かっているよ」という、お姉さん的というか……。

――ふむふむ。

野波 でも、元カノと元カレの関係って、そんな感じじゃないですか。特に女性は、昔つきあっていた男性に対して「頑張れ〜!」って思うところがあるんですが……分かりませんかね。

――え〜スミマセン。女性心理に疎いもので……。

野波 男性には分かりづらいかもしれませんね(笑)。

――母性ですかね?

野波 そうですね、きっと。一度、好きになった人なので、すっごく嫌なことをされたら別ですけど、なんとなく自然に別れたんだったら、その後も人としては好きでいられる……ところがあると思うんですけど。

――深いですね〜。劇中で「恋愛に達人はいない」などの印象的なセリフがありますが、野波さんの心に残ったセリフはありますか?

野波 あまりないかも。最近、恋をしていないので。「昔はこういう感じあったな〜」とは思いましたけど。

――こういう感じとは?

野波 人に恋して自分がモヤモヤして、ホントは言ってはいけないことを勢いで言っちゃったり、その後ですごく後悔したりとか。そういう葛藤をする、いわゆる“ひとり劇場”の中で、恋って始まるじゃないですか。そのときのパワーってすごいなってことを思い出しました(笑)。

――タイトルが『恋がヘタでも生きてます』ですが、野波さんご本人は恋がヘタでも生きていけます?

野波 恋がヘタでも生きていますね、フフフ。というか、生きてきましたね。それも“だいぶ”でしたが。

――そうなんですか?

野波 私自身が美沙みたいなタイプだな〜って、ドラマを見てつくづく思いましたね。恋をすると、美沙みたいにモヤモヤした葛藤の日々を送るのは、女性なら誰もが通る道だと思うんです。ヘタなことをいっぱいやって、そして、いっぱい傷ついて、いっぱい泣いて。で、いっぱい笑って……その繰り返しでしたね。

――ちなみに、以前インタビューで「男女ともに肉食であってほしい」と話されていましたが、今でも、そう考えていますか?

野波 あ〜、そんな発言しましたね。懐かしいな。

――ということは、野波さんご本人は恋愛に対して積極的なタイプなんですね。

野波 最近の男子は草食系が多いって話をよく耳にしますが、そういうのって分かりづらいので、やめてほしいなって(笑)。

――ハッキリしろと。

野波 そう。ちゃんと好きなら好きと言ってほしいなって、すごく思います。女性は年々、強くなっている気がするんですけどね。でも、男性のダメなところをかわいいと思えることって、女性の特権だと私は思うんです。「かわいいな」って思ってあげないと、かわいそうっていうか。

――なるほど。

野波 男性ってすごく単純で、それをやっぱりかわいらしいと思ってあげないと、一緒に生活できないなって思うんです。結婚して、特にそう思うんですよ(笑)。それを「もう!」っていちいち怒っていたりしたら、毎日ケンカになっちゃうと思うんですね。

――この人は男だし、しょうがないなと納得する?

野波 それって、やっぱり母性だと思うんです。それがあるから、男女関係がうまくいくような気がするんですよ、特に結婚してからは。じゃないと、たぶん、即離婚の気がします(笑)

――具体的に、男性の単純なところってどこですか?

野波 そんなの、死ぬほどいっぱいありますよ。もちろん、私の主人のことに関してですけど(笑)。

――一般論としては?

野波 う〜ん、一番分かりやすいのは“褒めると伸びる”ところですかね。

――そうなんですかね。

野波 男性って褒められるのが好きじゃないですか。逆に、男性としてプライドがあるから、特に女性にけなされるのは嫌ですよね。

――場合によりますよ。自分に非がある場合は、言われてもしょうがないし。

野波 女性って褒められても、その言葉の裏に何か違うこと、たとえば、その場限りのことなのかな、とか今、雰囲気が悪いから、そういうことを言っているだけなのかなって、敏感に察知することが男性よりもあると思うんですよ。でも、男性は裏読みしない。そこがかわいいなって。

――勉強になりますね〜。ところで、今回のドラマでは食事やパーティのシーンがありますが、野波さんはけっこうお酒がいける方だと聞いていますが……。

野波 以前は夕方から飲み始めて、翌朝までということもありましたね。結婚してからは、そうもいかなくなりましたが。でも先日、仕事で大阪に行って泊まったときに「これは飲むしかない」と思って、マネージャーさんと2人でワインを2本空けたら、私、記憶を飛ばしてしまったんです。

――それは大変だ!

野波 気づいたら朝で、ホテルの部屋で寝ていて。携帯メールを見たら「野波さん、体調は大丈夫ですか。下で待ってます」って。マネージャーさんに「ごめん、何かやらかした?」って聞いたら、お店で寝ちゃって、立つことができない状態で、マネージャーさんとお店の人に抱えられてタクシーに乗せられて戻ってきた……らしいんです。

――なかなかの武勇伝ですね(笑)。以前から飲むとそんな感じになる?

野波 昔から記憶を飛ばすことはありましたが、すぐ寝るとかなかったので……やっぱり年ですかね。

――そんな年じゃないじゃないですか。でも、お酒はほどほどにということですかね。最後に、今年はデビューして21年目を迎えられましたが、今後やってみたい役はありますか?

野波 本当に根っからの悪人。救いようのないダメ人間もいいですね。今まで演じたことがないので。母親役もほとんどないので、やってみたいな〜。

 妻として、母として、女優として輝き続ける野波さん。その人生経験で培われた恋愛観や男性観、勉強になりました。今後も素晴らしい演技に期待してます!

野波麻帆 のなみ・まほ
1980年5月13日、東京都生まれ。O型。T166。1996年、第4回『東宝シンデレラ』グランプリを受賞してデビュー。98年、映画『愛を乞う人』で第22回日本アカデミー賞新人賞・助演女優賞など、数々の賞を受賞。映画、舞台、ドラマといった女優業の他に、近年はスタイリストとしても活躍。12年に俳優の水上剣星と入籍。16年には水上とともに子供服ブランド「himher」を立ち上げた。

関連記事(外部サイト)