イッテQ、宮川大輔の「新名言」が大ウケ!

『世界の果てまでイッテQ!』で、宮川大輔の“名言”が話題 「新しい唾が作れへん!」

記事まとめ

  • 『世界の果てまでイッテQ!』で、宮川大輔がアメリカンドッグの早食いに挑戦し、反響
  • 宮川はなかなか飲み込むことができず、「新しい唾が作れへん!」とつらさを表現した
  • 宮川大輔はアメリカンドッグ祭りで4位に終わるも、スタジオでは手越祐也が絶賛した

イッテQ、宮川大輔の「新名言」が大ウケ!

イッテQ、宮川大輔の「新名言」が大ウケ!

記事画像

 6月4日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、宮川大輔(44)がアメリカンドッグの早食いに挑戦し、反響を呼んでいる。

 今回は「世界で一番盛り上がるのは何祭り?in アメリカ」という企画が放送され、宮川はローズウィルで開催された「アメリカンドッグ祭り」に参加。これはアメリカンドッグを4分間でどれだけ食べられるかを競うという祭りで、宮川は「いけるし!」と自信満々。まずは練習としてアメリカンドッグ1本の早食いに挑戦した。

 アメリカンドッグを手にした宮川は「まずは何もつけずに、本場の味を味わってみようかな」と余裕の表情。「うまーい!」と味わって食べていたが、徐々に「嘘!?」と苦しそうな顔に。やっとのことで最後の一口を含んだものの、なかなか飲み込むことができず、「新しい唾が作れへん!」とつらさを表現した。

 この「新しい唾が作れへん!」は、SNSなどで“名言”だと話題に。「“新しい唾が作れへん!”とか生まれて初めて聞いたわ!」「おそらくもう人生でこのワードを耳にすることはないだろうな」「パワーワードすぎるでしょ」「また新たな名言が生まれてしまったか」と、視聴者には大ウケだったようだ。

「宮川は『イッテQ』でよく名言を残しています。たとえば、スタッフに道具を渡されたときにたびたび使う“これ安いヤツやん!”は、番組ではすっかりおなじみのフレーズです」(テレビ誌ライター)

 結局、宮川大輔はアメリカンドッグ祭りで4位に終わってしまい、惜しくも表彰台には届かなかった。しかしスタジオでは手越祐也(29)が「面白さはぶっちぎりでした」と絶賛。視聴者からも大好評だったようで、「今日のイッテQは神回だった!」「宮川の大食いがめちゃくちゃ面白かった」というコメントがSNSなどに上がっていた。

関連記事(外部サイト)