あなそれ、東出昌大の珍行動に「コントみたい」!?

あなそれ、東出昌大の珍行動に「コントみたい」!?

記事画像

 6月6日、ドロドロの人間関係を描いたドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)の第8話が放送された。波瑠(25)演じる渡辺美都が突きつけた離婚届に対し、夫の渡辺涼太(東出昌大/29)がとった意外な行動が、「まるでコント」と話題になっている。

 渡辺夫婦は平穏な生活を送っていたが、美都が学生時代に想いを寄せていた男性と再会し、不倫したことで亀裂が入る。前回の第7話では、ついに美都が離婚届を差し出したが、本当は別れる気のない涼太は、漢字で書くべき名前を「わたなべ」とひらがなで書き、その後笑顔で用紙を破り捨てた。

 そして、第8話で離婚届をめぐる争いはさらにヒートアップ。離婚届の名前を書きかけのまま放置していた涼太に対し、美都は「“さんずい”しか書いてなかったんだけど」と指摘。すると、涼太はしらじらしく「さんずいまで書いたところで手がつっちゃって……」と答え、その後も「渡辺涼“犬”」「渡辺涼“天”」と名前を書き間違え続ける。

 業を煮やした美都は、「何回間違えてもいいように」と離婚届の束を渡す。そして追い打ちをかけるように、不倫相手の子どもを妊娠したことをほのめかすが、これを聞いた涼太は一変。「それは僕の子だよ」と言い、ガスコンロで離婚届の束を燃やすと「大丈夫だよ。僕がみっちゃんを守るから」と笑顔で言い放った。

 不倫している妻へ異常な行動を見せていた涼太に対し、これまでは「怖い」「ホラー」「不気味」といった感想が上がっていた。しかし、第8話での行動には、「離婚届書く場面出てくるたびに笑ったわ」「離婚届にサインするのコントみたいだな! 涼犬はさすがにウケた」といった感想が続出。どうも“笑えるシーン”として見た視聴者が多かったようだ。また、「今日も涼太がかわいいな!」「涼太がかわいくてしょうがない」「東出くんかわいいんだよマジで」と、東出演じる涼太に好感を持っている人も多くいた。

「公式サイトによると、東出は第8話で原作のセリフを入れるよう監督に提案するなど、積極的に作品に関わっているようです。離婚届を燃やすシーンは6時間かけて作られたそうで、東出もノリノリで撮影に臨んでいたみたいですね」(テレビ誌ライター)

 コントのようなやりとりが一転して恐怖を感じるシーンになったりと、振れ幅の大きな展開で盛り上がりを見せている『あなたのことはそれほど』。最終回まで、東出昌大の演技から目が離せない。

関連記事(外部サイト)