映画監督・熊切和嘉「僕が描きたいのは、人のみっともない部分なんです」

映画監督・熊切和嘉「僕が描きたいのは、人のみっともない部分なんです」

記事画像

 映画って、その世界が無限な感じがするというか、すごく広がりがある。映画に映っていないところにも世界がある感じがするんです。そこが、好きなんですよね。

 その映画について、僕が世界で一番、理解しているって気持ちになったり、作り手の気持ちを僕が一番、わかっているなと思う時があるんです。そういう勘違いをできるのが、楽しいなって。まんまと作り手にのせられているんですけどね(笑)。

 とりあえず、映画を見れば、2時間は日常の悩みは忘れられますから。映画を見るのは好きですね。正直、撮るより、見るほうが好きって思うときがあるぐらい(笑)。クランクイン前は、特にそう思います。自分の一声で何十人といるスタッフを動かすわけですから、プレッシャーで、いつも怖くなります。十何年、映画を撮っていますけど、撮影前のナーバスな気持ちは、いまだに変わりません。

 とはいえ、いざ撮影が始まると、また違ったテンションになるんです。昂揚感というか、何も怖くなくなる瞬間とかあります。メガホンとか持ちたくなりますよ(笑)。まあ、実際には持ちませんけど(笑)。現場に入って、ベテラン俳優さんにビビっていたりしたら、何も進みませんから。

 結局、人前に立つとかそういうのが苦手なんです。そういうことばっかりを考えてしまうと、怖くなる。だけど、昔から映画は撮ってきたし、僕のなかでは一応得意といえる分野なので、最終的には、ただ自分の撮りたいものを撮ればいいんだ、とシンプルに考えれば気持ちが大きくなりますね。

 だから、俳優に結構、無茶なお願いもしちゃいますね。今回の映画『武曲 MUKOKU』は、主演が綾野剛くんと若手の村上虹郎くんなんですけど、2人が豪雨のなか、泥まみれになりながら決闘するシーンがあったんです。そのシーンを撮るときは、楽しかったですね。こんな目の前で綺麗な俳優たちをドロドロに汚せるって(笑)。2人は大変だったと思います。

 撮影期間が3週間くらいだったんですけど、僕は、一週間はこのシーンを撮り続けられると思っていましたから。映画のなかで汚していくのが、好きなんですよ。いつも、ちょっとやりすぎちゃうくらいなんですが、快感だなぁって(笑)。

 昔、園子温監督とお酒をご一緒させてもらうことがよくあったんですが、“熊切は大人しい映画じゃなくて、もっと黒い映画を撮れ”って言われていました。結局、そうやってなりふりかまわないというか、人の感情が剥き出しになるような作品しか撮れないんです。エンタテインメントとはいえ、きれいごとだけが、並べられたような映画は撮れないんですよ。自分が、そのきれいごとを信じきれないんだと思います。

 僕が描きたいのは、人のみっともない部分なんです。僕自身も、胸を張っていえることではないですが、人間的にダメな部分がたくさんありますから。お酒を飲んで、後悔したことなんて数知れずです(笑)。朝起きたら、床に血痕があって、負傷していたり。“何があったんだろう?”って(笑)。

 そういうみっともないところを出さないとなって思います。生活していたら、色々と割り切れないところもあるじゃないですか。そのうまく言えない部分を映画というエンタテインメントとして、形にできたらなと思いながら撮っています。

 編集が、快感なんです。もちろんそれぞれのショットは自分で確認をしているんですが、そのバラバラだったものが一つに繋がると、また違った大きなうねりというか、“おお、こうなるんだ”みたいな感動があります。

 正直、3年に1本くらい撮れればいいんです。でも、撮ってないと、すぐに忘れられてしまいそうで、すごく不安になる。ヒット作を撮りたいとかは、あまり思わないんですが、映画がある限りは撮り続けていきたいですね。

撮影/弦巻 勝

熊切和嘉 くまきり・かずよし
1974年、北海道生まれ。98年に大阪芸術大学の卒業制作作品『鬼畜大宴会』がぴあフィルムフェスティバルで準グランプリを受賞。同作はベルリン国際映画祭パノラマ部門他、10カ国以上の国際映画祭に招待される。10年の『海炭市叙景』がシネマニラ国際映画祭グランプリ及び最優秀俳優賞をはじめ、ドーヴィルアジア映画祭審査員賞などを受賞。14年にも『私の男』でモスクワ国際映画祭最優秀作品賞と最優秀男優賞の二冠を達成し、毎日映画コンクール日本映画大賞も獲得するなど、国際的にも注目される映画監督。

関連記事(外部サイト)