フジ山崎アナが「女王・水ト麻美」を超える日

フジテレビ山崎夕貴アナの好感度が急上昇 好きな女子アナで水卜麻美アナ超えも

記事まとめ

  • フジTVの山崎夕貴アナがおばたのお兄さんとの熱愛が発覚し、好感度が急激にUPしている
  • 山崎アナは恋愛報道をスルーせず、それは水卜麻美アナも越えられなかった壁だという
  • 山崎アナ発言は有働由美子アナをも超えたと言われ、好きな女子アナ首位奪取の可能性も

フジ山崎アナが「女王・水ト麻美」を超える日

フジ山崎アナが「女王・水ト麻美」を超える日

記事画像

 最近、フジテレビの山崎夕貴アナ(29)の好感度が急激にアップしている。その理由は、『女性セブン』(6月7日発売)で、小栗旬のモノマネでブレイクした芸人・おばたのお兄さんとの熱愛が発覚したことなのだが、他の女子アナと違ったのは、熱愛発覚後の堂々とした対応。彼女は翌日の『ノンストップ』、さらに週末の『ワイドナショー』でも交際を認めたのだ。放送作家が舞台裏を明かす。

「結婚ならまだしも、熱愛発覚で局アナが自らコメントするなんて異例の事態。フジ上層部も“山崎の熱愛ネタをどの番組で扱うか決めましょう”と、笑顔で打ち合わせしていましたよ」

 本人も、熱愛をイジられることにノリノリ。「アナウンス部でもイジられまくりで、彼女と話すときは皆、おばたのお兄さんのギャグ“まーきのっ!”を語尾につけるそうです。本人は照れながらも、うれしいようですよ」(前同)

 通常は、スルーされる女子アナの恋愛報道だが、山崎アナはその常識を覆してしまったのだ。そして、それは、「好きな女子アナランキング」4連覇中の日本テレビの水卜麻美アナ(30)でも越えられなかった壁。夕刊紙記者は言う。「水トアナは、2015年7月に関ジャニ∞の横山裕との熱愛が発覚しましたが、『ヒルナンデス!』で共演する有吉弘行をもってしても、両者の交際はイジれなかったんです。その後も番組降板説が流れたり、周囲にはピリピリムードが漂っていたそうです」

 “好感度の申し子”である水卜アナも越えられなかった熱愛イジリの壁を簡単に越えてしまった山崎アナ。その開けっぴろげな姿勢に加え、支持率を急上昇させているのが、選んだ交際相手が“貧乏芸人”であること。女子アナの多くが、プロ野球選手や実業家と交際する中で、「月収はおそらく10万円以下」(前同)のおばたのお兄さんを選んだことに、視聴者からも喝采が止まないのだ。

 そんな彼女はもともと、局内のウケは抜群だった。「アナウンス技術が高く、仕事が抜群にできる山崎アナですが、人となりをひと言で言うと“本当にいい人”。以前、スタッフの誕生日会に彼女を誘ったら、OKしてくれたんですが、急な収録が入って参加できなくなった。仕方がないことなのに、後で丁寧に謝りに来たんです。普通の女子アナは、スタッフ相手にそんなことをしませんよ」(制作会社関係者)

 女子アナらしからぬ言動は他にも多々あり、「女子アナの必須アイテムの変装用マスクを一切しない。酒づきあいがよく、吐くまで飲む」(前同)などなど。前出の放送作家は、「私生活のダサさも彼女の魅力の一つ(笑)」と語る。

「帰宅後の楽しみは、缶ビールを飲みながら、たこ焼きを食べることだという庶民派の山崎アナですが、服装のセンスが、なんとも絶妙なんです(笑)。一時期は2日に一度の割合で、ホンジャマカの石塚さんが着ているようなオーバーオールを着ていたし、今でも収録前は、衣装の上に商店街の格安店で売っているような“寝巻きパーカー”を羽織っていますよ」(前同)

 また、「下着を7枚しか持ってない」と公言していたことも有名だが、無類の下ネタ好きであることも彼女の魅力の一つとなっている。メディア評論家の三橋りの氏が話す。「松本人志が“下ネタ探知機壊れている”と指摘しましたが、まさにその通り。たとえば『フルタチさん』では、古舘伊知郎が“街の人はみんな開脚しているんですかね?”と言っただけで“ちょっと、その言い方は!”とニヤつきながら突っ込んだり、『ダウンタウンなう』では“ピー音”で消されたこともあります」

 度を超えた発言はもはや、「女子アナ下ネタ女王のNHK有働由美子アナ(48)を超えた」(前出の夕刊紙記者)との評価も。ここまで自然体の女子アナは他におらず、「立派なタレントになったフジOGの加藤綾子(32)とは雲泥の差」(前出の三橋氏)と言われるが、ここにきて山崎アナは、その偉大な先輩をも食わんとしているという。

「カトパンがMCを務める『HERO’S』の視聴率低迷が深刻で、局内ではお荷物番組扱い。早々の打ち切り説も浮上する一方、最近の山崎株の急上昇で、局内では、“加藤より山崎”という風潮になっています。今、何もいい話がないフジにとって、彼女は唯一の光ですね」(放送作家)

 水卜、有働、加藤の牙城を崩したとなれば、狙うは「好きな女子アナランキング」ナンバーワンの座のみ。女子アナ評論家の高島恒雄氏も太鼓判を押す。「山崎アナは、自分のことを自分の言葉で堂々としゃべれる唯一無二の女子アナ。15年に好きな女子アナランキングで4位に急浮上し、昨年は圏外落ちしていますが、今回の熱愛で好感度が上昇したことで、首位奪取まで十分にありえますね」

 実力、下ネタに好感度が加わった彼女が、いよいよ頂点に立つ日が来たようだ。

関連記事(外部サイト)