本田圭佑の気さくな姿に、好感度急上昇

本田圭佑の気さくな姿に、好感度急上昇

記事画像

 6月19日、サッカー日本代表の本田圭佑(31)がミズノの新商品発表イベントに登壇。試合後のインタビューなどで見かけるマジメな姿とは違った気さくなトークを展開し、世間の好感度を上げている。

 今回イベントに登場したのは、本田圭佑、吉田麻也(28)、岡崎慎司(31)、阿部勇樹(35)、武藤雄樹(28)、金崎夢生(28)の6人。本田は登壇した選手を見渡し「こんなメンバーで集まるの今まで初めて」とコメント。その後、本田はともに日本代表として戦ってきた吉田と岡崎を指し、“仲が良いと思われている”と認めつつも、「プライベートではまったく絡みがない」と手のひら返し。これには岡崎も「もう忘れたか〜」と返し、吉田も「冷たいこと言うね〜」「変わっちゃったな〜」とツッコミ。会場に集まったファンの笑いを誘った。

 新商品のフットボールシューズを実際にはいた感想を聞かれた際、金崎が「はいた瞬間に“あ、これいけるな”」と感じたことをコメントすると、武藤が「はいた瞬間に“あ、いけるな”」と感想をかぶせてきた。これに本田は「分からんけど、“レッズ”ってそういうのあるよね」と初対面の武藤を笑顔でイジり会場を盛り上げる場面もあった。

 本田のくだけたトークは珍しいものだったようだ。ネットでは「気のいい兄ちゃん感がすごい」「リラックスしてるとかなり面白いことしゃべるよね」「本田さんがめちゃくちゃ楽しそうで何より」「“ビッグマウス”とか“取っつきにくい”と言われてるけどプライベートでは普通に気さくな人だよね」「かぶせに厳しいのはさすが関西人」といった感想が上がり、好感度を上げたようだ。

「本田はふだんからかなり面白い人物のようで、雑誌『サムライサッカーキング』(フロムワン)のインタビューで長友佑都(30)は本田のことを“代表で一番面白い”と語っていますし、遠藤保仁(37)も“圭佑はすごく明るいヤツ”と明かしてます。試合後のインタビューなどで無骨な返答をする姿をよく見かけますが、こういった一面を見たいというファンは多いと思いますよ」(スポーツ誌ライター)

 “ビッグマウス”として知られる本田だが、これからはもっとメディアの前で気さくな姿を見せてもらいたい。

関連記事(外部サイト)