神山てんがい「琴線を揺り動かす作品に出会えると、役者で良かったと思う」

神山てんがい「琴線を揺り動かす作品に出会えると、役者で良かったと思う」

記事画像

 5年前、幕末に活躍した絵金という絵師を演じることになったんです。江戸時代の絵師といえば、葛飾北斎が有名ですけど、北斎と比べても全然ひけを取らない達者な腕前なのに、ほとんど知られていない。土佐出身というと、坂本龍馬が有名ですよね。その龍馬に“貿易で異国に追いつくことが大事”と説いた河田小龍の絵の師匠が絵金なんです。龍馬と、同じ時代に生きた素晴らしい画家がいるんだってことを多くの人に知ってもらいたい。そういう思いで、5年前から絵金の生涯を描いた舞台をやり続けてきました。

 絵金の絵って、一見、気味の悪い絵のように思えるんです。血しぶきがバーッと散っているような絵も多い。でも、絵金が芝居絵屏風を大成させた高知県香南市の赤岡の人たちは、愛しい絵という言い方をするんです。今でも赤岡の人たちは絵金の絵を大事に守っている。そこまで惹かれる理由が、絵をずっと見ているとわかってくるんですよ。血しぶきが飛ぶ絵の角に、脇役がおどけた表情で描かれていたり、一枚の絵に二重の意味を持たせている。そういうのが、わかってくると、すごく魅力的な絵だなと思える。

 絵はもちろんですが、僕が絵金に一番惹かれるのは、彼の生き様なんですよ。18歳で絵の才能が認められて江戸へ行って絵の修業をして3年で免許皆伝となり、高知に戻ってきた。たった3年で免許皆伝になるのかとか、学費は誰が工面したのだとか、いろいろと疑問は残るんですが、それでも江戸に行って絵の勉強をしたのは確か。いわば、絵のエリートだったんですが、その後、贋作を描いた疑いをかけられて、高知城下から追放されてしまう。各地を転々とさすらいながら、町絵師として生活していたようなのですが、謎が多い。

 長いさすらいの後に、伯母がいた赤岡に住みついた。それでも、突然フラっと旅に出るような生活だったようなんです。今で言うバックパッカー気質だったんじゃないかなと。

 僕自身も、各地方を周って、バーとかライブハウスみたいな場所に荷物1個背負ってフラッときて、15分くらいの芝居をやるってスタイルでやっていたこともあったんです。まあ、意外と荷物が多くて、リュック一つで颯爽と去っていくみたいな感じではなかったですけど(笑)。

 そういうところに憧れのような気持ちを抱きますし、何より謎に包まれているぶん、物語を作る側としては非常に魅力的なんです。各地に残された点と点をつないで、一つの物語にしていく。とてつもなく時間がかかるんですよ。ライフワークとしてやっていくしかない。だから、絵金を演じると腹を決めるのに、3年くらいかかっちゃいました。

 絵の大事さって今とは違うと思うんですよね。当時は今のように、テレビもなければ、映画もない。そういう時代において、屏風絵を買って、絵を眺めるっていうのが、大きな楽しみだったと思うんです。それだけに、赤岡の人々の絵金に対する愛ってすごく深かったし、今の人たちからもとても愛されている。中途半端な気持ちで、絵金を演じることはできませんでしたね。

 腹を決めてから、赤岡をはじめ高知の方々に報告して、絵金の足跡を辿って高知県の各所をめぐったり、絵金のお墓にも行きました。山の上にあるんですが、彼はお酒が好きだったので、お酒を持っていかないとたどり着けないなんて教えてもらって、それを言い訳にお墓の前で、手を合わせて酒を飲みました。もう毎年の恒例行事になっていますね(笑)。

 役者として、20年くらいやってきましたが、絵金を演じることになってから初めてのことだらけで、芝居を始めた頃のような初々しい気持ちで、チャレンジできているんです。そういう心の琴線が揺り動かされるような作品に出会えたとき、役者をやっていて良かったなと思うんです。だから、絵金を演じることはもちろん、そういう挑戦しがいがある課題に一生、取り組んでいきたいなと思っています。

撮影/弦巻 勝

神山てんがい かみやま・てんがい
1970年、北海道生まれ、東京育ち。大学時代から演劇活動を始め、舞台、映画など様々な作品に出演する一方、脚本家、演出家としても多数の舞台を作り上げる。演劇、音楽、ダンス、パフォーマンスのコラボユニット『煉獄サアカス』を主宰。現在は、一人芝居短編集を各種イベントにて上演。また、幕末の土佐に生きた絵師・絵金の半生を描いた『絵金縦遊伝』をライフワークに掲げる。

関連記事(外部サイト)