松岡昌宏を「酒豪に育てた」ジャニーズの先輩とは?

松岡昌宏を「酒豪に育てた」ジャニーズの先輩とは?

記事画像

 今年春から、TOKIO松岡昌宏が都内の下町を飲み歩く深夜バラエティ『二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜』(テレビ東京系)が始まった。もともとプライベートで大衆居酒屋をはしごするのが趣味という松岡は、番組発表記者会見で「赤ちょうちん、縄のれん、杉玉に弱い」と言い、「どこでも一人で飛び込みます。全国どこでも。20年それをやってきました」と明かしている。そんな自他ともに認める“のんべえ”な松岡だが、ジャニーズには松岡も舌を巻く酒豪がいるそうだ。

 とにかく酒好きで、酒に関するエピソードが多い松岡。KAT-TUN亀梨和也と偶然飲食店で遭遇したときには、テーブルに高級赤ワインを届けたという。

 先日アンジャッシュ渡部建と結婚した、女優の佐々木希とも酒にまつわるエピソードがある。地方でドラマ撮影をしていたとき、その日が佐々木の誕生日であることを知った松岡は、撮影場所の近くで高級酒を探して、わざわざプレゼントしたのだとか。

 TOKIOのコンサートツアーのときも、ツアーで訪れた土地で、一人飲みに行くという松岡。そんな松岡がかなわないというジャニーズの酒豪は、先輩の東山紀之だ。2児のパパで50歳になった東山は、今でも1日に1000回以上の腹筋を欠かさず、毎朝10キロを走っているという体力の持ち主。松岡が酒に強くなったのも東山のおかげらしく、松岡によれば、東山はいくら飲んでも醜態をさらすことはなく、飲むペースもずっと変わらないのだとか。ちなみに松岡は、以前、国分太一から、酔うとだんだん内股になることを暴露されたことがある。

 ジャニーズには、アイドルとしての才能はもちろん、他にも一芸に秀でたタレントが多い。松岡の場合、“酒好き”というのも才能のうちだろう。『二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜』では、毎回飲みながらゲストからいろいろな話を聞き出している松岡昌宏。今後もその豪快な飲みっぷりに期待したい。

関連記事(外部サイト)