V6森田の“男気”も話題に! ジャニーズたちの「神対応」

V6森田の“男気”も話題に! ジャニーズたちの「神対応」

記事画像

 最近なにかと話題になる、芸能人の“神対応”。ジャニーズにも、この神対応で話題になったタレントが何人かいる。

 たとえばV6森田剛は、メンバーの中でも一見“コワモテ”と見られがちだが、以前、女性との半同棲を『週刊女性』(主婦と生活社)に直撃取材された際、見事な対応を見せて話題になった。

 森田は自宅マンション前で女性と2人のところを突然直撃されるが、女性に鍵を渡して先に部屋へ入らせ、森田は「俺、逃げないから」と記者に対応。自分の写真を使うことはかまわないが、女性には配慮してくれるようにと記者に頼んだという。その後、森田と女性は破局してしまったようだが、当時、この“男気”あふれる森田の対応は評判となった。

 KAT-TUN亀梨和也は、映画のプロモーションで女子高生に対して“神対応”のファンサービスを見せたことがある。今年3月に公開された主演映画『PとJK』で亀梨が警察官を演じたことにちなみ、「春のスペシャル交通安全イベント」という催しが都内の女子高校で行われた。これに亀梨は共演者の土屋太鳳とともに登場。女子高生から「ラブビーム送って!」とせがまれ、「ラブビーム!」と両手でハートマークを作ってみせるなど、気さくにリクエストに応えた。

 さらに、他の生徒から「結婚してください」と逆プロポーズされると、「タイミングが来たら、僕から言いますので」「待っていてください」と、スマートな切り返しを見せ、場内を湧かせた。

 同じくファンサービスで“神対応”を見せたものの、その結果ネットで炎上してしまったのがNEWS増田貴久だ。昨夏放送された『テレ東音楽祭2016』(テレビ東京系)で、NEWSは3曲のメドレーを披露。メドレーラストの『チャンカパーナ』で、増田は自身のパートを歌いながら観客席に近づき、女性ファンの頭を優しくポンポンした。“頭ポンポン”は、少女マンガなどで見られる、いわゆる胸キュン行動。増田の“頭ポンポン”に会場のファンたちからは大歓声が上がった。

 しかし、これを見た増田ファンたちからは大不評。「マジあり得ない」「増田くん、嫌い!」「今日限りで担(増田の担当、増田のファンのこと)を降りることにしました」といったコメントがSNSに続出し、ちょっとした炎上騒ぎになった。多くのファンに支持されているアイドルが、一部のファンだけに特別な対応をすると、よく思わない人もいるようだ。

 彼ら以外にも、ファンサービスが“神”というジャニーズのアイドルたちはまだまだいる。歌やダンスの実力、ルックスの良さに加え、そんな“神対応”にこそジャニーズ人気の秘密があるのかもしれない。

関連記事(外部サイト)