さすがテレ東!「若きSMAP映像」にファン大感動

さすがテレ東!「若きSMAP映像」にファン大感動

記事画像

 6月27日に放送された『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)で、アイドルの“超貴重なお宝映像”が登場した。中には、昨年解散したSMAPの若かりし頃の映像もあり、ファンを感動させたようだ。

 まず登場したのは、KinKi Kidsデビュー直後の映像。1993年に放送された番組で、SMAPが司会を務めており、映像では木村拓哉(44)が「それではさっそくですね、KinKi Kidsに自己紹介をしてもらいたいと思います! みんなちゃんと聞いてくださいね!」と番組を進行。「え〜、こんばんは、堂本剛でーす」とピースサインをして自己紹介をする当時13歳の堂本剛(38)に、木村は「修学旅行の記念撮影じゃないんで」とツッコミを入れていた。

 さらに番組では、1995年の音楽番組で『KANSHAして』を歌って踊るSMAPの姿も放送。まだ20代だった木村や中居正広(44)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)、稲垣吾郎(43)たちSMAPメンバーがキレキレのダンスを披露しており、1996年までSMAPに在籍していた6人目のメンバー・森且行(43)の姿を見ることもできた。

 先日、草なぎ、香取、稲垣の3人が9月にジャニーズ事務所を退所することが発表。SMAPファンが悲しみに暮れている中、この懐かしい映像が流れたことは、ファンの間で大きな話題に。「ここに来てSMAPの映像とかうれしすぎる」「テレ東さん本当にありがとう!」「このときからキムタクの完成度が半端ないな」「90年代からすでにスターとして仕上がってる」「『KANSHAして』のチョイスも評価したい」と、ファンからの喜びのコメントがネット上にあふれた。

「『愛ラブSMAP!』や『SMAPの学園キッズ』など、SMAPとテレビ東京の歴史はかなり深いんですね。2014年のテレ東開局50周年記念番組では、お宝映像がたくさん放送され、出演していたSMAPメンバーを驚かせる場面もありました」(テレビ誌ライター)――今後もお宝映像を期待!

関連記事(外部サイト)