大沢樹生“自作自演!?”DNA鑑定騒動の真相を激白

大沢樹生“自作自演!?”DNA鑑定騒動の真相を激白

記事画像

 6月30日放送の『訂正させてください3〜人生を狂わせたスキャンダル〜』(フジテレビ系)に俳優の大沢樹生(48)が出演。世間を騒がせた息子のDNA鑑定騒動について言及した。

 大沢は1996年に元女優とできちゃった結婚をして男児が生まれたが、2005年に離婚。2007年より大沢が親権を持っていたが2013年12月、DNA鑑定により、大沢と“親子関係の確率=ゼロパーセント”であることがマスコミで大々的に報道された。

 大沢は、この騒動が自身が監督した映画『鷲と鷹』の宣伝活動だったと言われていることに対し「訂正させていただきます」「さすがに自分の監督作品だからといって、そこまでのハイリスクを私は背負えないです」と苦笑した。

 DNA鑑定に関する記者会見は2014年1月7日で、映画『鷲と鷹』の記者会見が2014年1月9日と、2日しか違わなかったために“タイミングが良すぎる”と言われていることについては、映画の記者会見は前年の11月ぐらいからすでに日程が決まっていたと明かし、DNA騒動があまりに大きくなったため、映画の記者会見に差し支えると思い、急いで別の記者会見を開いたと打ち明けた。

 また、“DNA鑑定をマスコミにリークしたのは、大沢本人ではないか?”という疑惑に対しては「私としては表に出したくなかった」と主張。2013年2月にDNA鑑定の結果が出て、2013年4月に元妻との話し合いが始まったと告白。そのとき、週刊誌から来た問い合わせにはシラを切ったものの、同年12月に自宅前で週刊誌の直撃取材を受けて事実を認めたために、スクープ記事が出てしまったと語った。

 このときの取材について、共演者の西川史子(46)は、なぜマスコミにベラベラしゃべってしまったのかと疑問を呈したが、ヒロミ(52)は「たぶん俺たちの分からない、もっと上の、俺たちが聞いてるのと、もっと上の(大きな話)があると思うんだよね」と推察。大沢は「10あるうちの、会見でも9言えないことなんですよね。(会見では)1の中で対応しなければいけないですし。そこで言葉足らずになったり、変に誤解を招いたり」と苦しかった状況を振り返った。

「近年、元光GENJIのメンバーがテレビに出演するようになってきました。2015年9月には佐藤アツヒロ(43)が『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演。2016年11月には『クイズ☆スター名鑑』(TBS系)で、大沢、諸星和己(46)、佐藤寛之(46)、山本淳一(45)が共演して話題を呼びました。一世を風靡したグループだけに再結成も期待したいところですが、内海光司(49)と佐藤アツヒロがジャニーズ事務所所属で、他は独立。赤坂晃(44)が薬物所持で二度逮捕され、服役したこともあるので、現実的に再結成は難しいでしょうね」(芸能誌記者)――それでも、昔からのファンは期待している!?

関連記事(外部サイト)