プロが大絶賛、関ジャニ丸山「凄腕ベーシスト」の一面

プロが大絶賛、関ジャニ丸山「凄腕ベーシスト」の一面

記事画像

 7月11日深夜に放送された『魁!ミュージック』(フジテレビ系)で、「OKAMOTO’S」のベーシスト、ハマ・オカモト(26)が関ジャニ∞丸山隆平(33)のベースを絶賛する場面があり、ファンが大喜びしている。

 この日の番組では、人気コーナー「魁! 四弦組合」が放送された。このコーナーは日本を代表するベーシストが、ベースについて熱いトークを繰り広げるというもので、この日は亀田誠治(53)、KenKen(31)、ハマ・オカモトの3名が、「最近注目しているor気になるベーシスト」について語った。

 KenKenが挙げたのはマイアミ出身のヒップホップバンド「ArtOfficial」のラルフ・バレンシアで、「ベースラインがお気に入り」とのこと。また、亀田はロサンゼルス出身のベースボーカリスト、サンダーキャットを紹介した。

 そして、ハマは「関ジャニ∞の丸さんです」と丸山の名前を挙げた。これには他の二人も「丸ちゃんいいよね!」「あー! 丸ちゃん!」と口々に同意。VTRで演奏時の映像も流され、この中で丸山はプロ顔負けの“スラップ奏法”を披露。ハマはベースのテクニックを丸山に教えたことを明かしつつも、「教えたことは1回しかない」と告白。続けて「そっからどうなるかは彼の努力でしかないんで、どんどん伸びていってる丸さんを見るのが僕はうれしくてしょうがない」と語った。

 日本を代表する実力派ベーシストたちが丸山を絶賛したことに、ファンはびっくり。放送終了後には、SNSなどに「まさかの丸ちゃん登場で驚いた! ハマ・オカモトありがとー!」「KenKenや亀田誠治にも知られてるって丸ちゃんすごすぎない?」「確かにコンサート重ねるたびに丸ちゃんうまくなってるもんなー」「丸山隆平はほんとすごいんだよ!」と、喜びのコメントが続出した。

「関ジャニ∞には、丸山以外にもプロのミュージシャンに褒められたメンバーがいます。ROCK’A’TRENCHの山森大輔(38)は、安田章大(32)のギターを評価していましたし、DREAMS COME TRUEの中村正人(58)は大倉忠義(32)のドラムを絶賛して、バンドに勧誘したこともあります」(アイドル誌ライター)

 自ら演奏も披露する関ジャニ∞は、アイドルでありながらアーティストとしても高く評価されているようだ。今後はアイドルファンのみならず、ロックファンからも注目を集めるに違いない。

関連記事(外部サイト)