松居一代、元夫が語っていた「執着心」

【松居一代と船越英一郎の離婚問題】元夫「執着心がすごくて大変」と過去に語る?

記事まとめ

  • 松居一代と離婚騒動中の船越英一郎だが、NHK『ごごナマ』では疲れが見えるとの声も
  • 船越に対する執着はすさまじいが、今は亡き元夫も松居一代の執着心に苦労していた
  • 松居一代は、沢尻エリカと船越のラブシーンに嫉妬し、激しい夫婦喧嘩をしたことも

松居一代、元夫が語っていた「執着心」

松居一代、元夫が語っていた「執着心」

記事画像

 <船越英一郎と全面戦争、はじまりますよ> 7月6日、ブログでこう宣言した松居一代(60)。また同日、夫で俳優の船越英一郎(56)が、離婚調停を申し立てていたことが『週刊文春』で報じられた。

「同誌の発売前日、松居はYouTubeで自らの主張を動画配信。船越がハワイに住む松居の友人の人妻と不倫していると悲壮感たっぷりに訴えました」(夕刊紙記者)

 その後も、「船越英一郎と松居は戦うぞ!!」と書いた紙を持ち、ニッコリ微笑む写真をツイッターにアップ。「さらに8日のブログでは、船越のハワイへの渡航記録や、不倫相手とされる友人からのメールまで公開。ブログ運営会社から“名誉毀損にあたる部分を削除しない場合は閉鎖する”と警告されるほどでした」(前同)

 一方、渦中の船越は、7月10日に『ごごナマ』(NHK)に生出演。「頬がゲッソリとこけ、疲れがにじみ出ていました。番組中、お笑い芸人のはなわがヒット曲『お義父さん』を熱唱すると、思わず涙ぐむ一幕もありました。船越は松居の連れ子である義理の息子をしっかり育て上げ、就職活動の際は自ら企業を調べるほど応援していたそうですから」(女性誌記者)

 離婚を決めたのも、息子の助言によるものという。「“お母さんから離れたほうがいいんじゃないか”と言われたそうです。松居の実の息子ですら、母親の様子に違和感を覚えたんでしょうね」(前同)

 船越の苦労がうかがえるが、「次の良い方が現れるまでは揉め続けるだろう」と言うのは、ある芸能記者。「以前、松居の今は亡き元夫に直撃取材したときのこと。船越との再婚について話を聞くと、“やっと彼女からつきまとわれなくなった”とホッとした様子で、聞いたこちらが驚きました」

 当時、元夫は次のように語ったという。「船越さんには感謝しています。彼がいなかったら、自分はまだ放してもらえなかったですから。本当に、感謝、感謝ですよ(笑)。あの女は本当に執着心がすごくて大変です。僕の借金のことなどをいろいろと言っていますけど、あれ全部デタラメです。でも、反論すると、また彼女がこちらに執着すると困るので、とにかく僕のことは放っておいてください」

 確かに、松居の現夫、船越への執着もすさまじい。「夫婦生活の暴露は今に始まったことではありません。2012年にもブログで、夫婦喧嘩の末、船越が家出したことを告白。しかもケンカの原因は、ドラマで共演した沢尻エリカとのラブシーンに、嫉妬したからだとか」(前出の芸能記者)

 当時、松居はブログで<夫のラブシーンは嫌だ! 嫌だ! 嫌なんだ!!>、<夫があの沢尻ちゃんと唇を重ねた…肌を絡めた…あのお尻を触った…!>などと綴り、<妻は夫を殴って蹴ってパンチ(中略)妻はスリッパという凶器を持ち出し、夫に襲いかかった>と、夫婦喧嘩の詳細を報告している。

 前代未聞のドロ沼離婚劇。船越の心が休まる日は、当分、訪れそうにない……。

関連記事(外部サイト)