カホコ、竹内涼真「ツンデレセリフ」に視聴者胸キュン!

カホコ、竹内涼真「ツンデレセリフ」に視聴者胸キュン!

記事画像

 7月19日、高畑充希(25)主演のドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の第2話が放送。竹内涼真(24)が演じる麦野初(むぎのはじめ)の“ツンデレ”な言動が話題になっている。

 第2話で、カホコ(高畑)は、いとこでプロのチェリストを目指しているイト(久保田紗友/17)が手首にケガを抱えていることを偶然知ってしまう。出場するコンクールが目前のため、イトはカホコに口止めするが、結局本番の演奏中にケガが悪化。「チェロを続けるのは難しい」という診断が下される。 イトから頼まれていたとはいえ、周囲にケガのことを秘密にしていたカホコは罪悪感を持ち、なんとか慰めようと千羽鶴を折ってお見舞いに。しかし、そこでイトは「あんたみたいな、水槽の中でぬくぬく泳いでいる金魚に、荒波の中で必死に泳いできたこっちのツラさが分かるわけねーだろうが!」とカホコに厳しい言葉を浴びせる。

 イトの本音にすっかり打ちのめされたカホコ。そんなカホコを見て、麦野(竹内)は「夢を目指していた人間が挫折したとき、おまえみたいに能天気な庶民に慰められるのが一番むかつくからな」とキッパリ。しかしその後、ショックのあまりパニック状態になったカホコに、「おまえはなに一つ悪いことはしてないだろ」「これ以上自分を責めるな」と優しい言葉をかけ、「思いっきり泣いて忘れろ」「なんなら貸してやろうか、俺の胸!」と自らの胸を叩く。すると、カホコは麦野に抱きつき、号泣する。

 このシーンは、視聴者の間で大反響。SNSには「最高のシーン!」「麦野くんかっこいい!」「私も竹内涼真の胸の中で思いっきり泣きたいんだけど!」「麦野くん、いい奴すぎるでしょ」「この二人には絶対つきあってほしい!」と、称賛のコメントが続出した。

「竹内涼真は、『過保護のカホコ』以外にも、朝ドラ『ひよっこ』で有村架純(24)演じるヒロインの彼氏役を務めていますし、『薬用ビューネ』のCMではさまざまなパターンの彼氏役を演じ、女性視聴者を悶絶させました。今“もっとも彼氏にしたい”若手俳優かもしれませんね」(女性誌ライター)

 第3話以降、竹内涼真演じる麦野とカホコとの関係がどのように進展していくのか、楽しみだ。

関連記事(外部サイト)