『黒革』出演中・内藤理沙「私、ずっと群馬に方言がないと思ってたんです(笑)」

『黒革』出演中・内藤理沙「私、ずっと群馬に方言がないと思ってたんです(笑)」

記事画像

 スラリと伸びた手足が美しいスレンダー美女の内藤理沙さん。出演中の連ドラの裏話から、好みの男性のタイプ、そして愛してやまぬ出身地である群馬県のお国自慢の話まで、ご披露いただきました!

――7月20日から始まった木曜ドラマ『黒革の手帖』に、料亭の仲居役で出演されているんですね。

内藤 はい!

――1980年代から5回もドラマ化されている、松本清張原作の名ドラマですからね。今回で6回目!

内藤 そうなんですよね。主演の武井咲さんを始め、江口洋介さんや仲里依紗さんといった豪華メンバーで、見どころ満点です。

――とはいえ、内藤さんも最近はドラマで見ない日はないほど。この春に放送された『女囚セブン』でも、新人刑務官役が話題になっていました。

内藤 あのときは、他の刑務官の皆さんが全員個性的すぎる役で、大変でした(笑)。私は唯一、普通の人の役だったので、現場でもみんながアドリブをやっているのに、私だけ乗っかれなくて。常に客観視というか、冷静に周りを見ている役だから、個性を出せないんですね。それが、逆に女優としては難しかったです。

――そういう苦悩があったんですね(笑)。ちなみに、内藤さんの刑務官姿もかわいいと評判でしたが、ご自身はどう思いますか?

内藤 やっぱり、制服を着ると、気分は変わりますよね。男の人みたいにネクタイをして、ボタンもちゃんと締めることなんて、ふだんないので(笑)。キチッとした気持ちになりますね。

――『女囚セブン』はどこで撮影されていたんですか? 刑務所のセットが、実にリアルでしたけど。

内藤 茨城県です。あの刑務所は、実は本物の廃病院を使っているんです。

――へえ〜。じゃあ、撮影のたび、茨城県まで!?

内藤 はい。だから、毎回、早朝から特急電車に乗って、電車の中でお弁当を食べながら。小旅行って感じでしたね。

――でも、行き先は廃病院……怖くなかったですか?

内藤 建物を実際に見たときは“ヒィ〜!”となりましたね。そこで撮影が行われるのも初めてだったみたいで、盛り塩とかもしてありました。

――怖っ。何か変わったことはありましたか?

内藤 大丈夫でしたね。お化けを見ることも、誰かがケガしたりすることもなく、無事に撮影は終わりました。ただ……。

――な、なんですか?

内藤 夜はやっぱり怖いんです。特に、地下に降りていく階段があって……私は霊感みたいなものはないんですけど、なんだか異様な雰囲気で。主演の(剛力)彩芽ちゃんも、“ここ、怖いよね”って言っていて。2人で勝手に怖い想像をして、ヒィ〜って抱き合ったりしていました。

――アハハ。剛力さんも相当な怖がりなんですか?

内藤 彩芽ちゃんはすごいですよ。お化けもそうだけど、雷も苦手みたい。雷が鳴ったときは、そばにいてあげないとダメなんです。ふだんはしっかりしていて、みんなを引っ張っていくタイプなんですけどね。

――そういうギャップはかわいいですね。

内藤 そうなんです。で、彩芽ちゃんと私が地下室に続く階段でキャーキャー騒いでいると、後ろから宍戸(美和公)さんがやってきて、背中をバーンと叩いて、“大丈夫だから”って、気合を入れてくれて。

――もしかして、背中に何か憑いていたのかもね。

内藤 ヒィ〜!

――つい怪談で盛り上がってしまいましたが、ドラマ以外のお話も。内藤さんといえば、今年1月に群馬県から『ぐんま観光特使』に任命されたんですよね。

内藤 はい! 本当にうれしいです。私は群馬県の邑楽郡大泉町が出身なので。

――群馬県かぁ。ちょうど、ロケをしてた茨城県のお隣ですね。

内藤 出た! 東京の人はみんな、そうやって北関東をごっちゃにするんだから。茨城県の隣にあるのは栃木県です! 群馬はその隣!

――すみません!……ぐ、群馬といえば、やっぱり『ぐんまちゃん』ですよね!

内藤 殿堂入りのゆるキャラですからね! でも、群馬の良いところはそれだけじゃないですよ。

――教えてください!

内藤 まず、群馬は広いので、同じ群馬でも、地域によって文化がずいぶん違うんです。高崎市、館林市、前橋市……と、どの街にもそれぞれ特徴があるんですよ。ちなみに、私の生まれた大泉町は”日本のブラジル”として有名です。日系ブラジル人の方々が、たくさん働きに来ているので。

――へえ〜! サンバとかも踊るんですか?

内藤 私が子どもの頃は、夏祭りにサンバがありましたよ。今でもやっているかはちょっと分からないんですけど、今年はせっかく特使にもなったので、行ってみようかな。

――内藤さんも地元にいた頃は、サンバを踊った?

内藤 いや、さすがに踊らないです(笑)。でも、日系ブラジル人の方々のサンバは陽気なムードで、見てると楽しくなりますよ

――だんだん群馬のことが分かってきました。もっと群馬の素晴らしさを教えてください!

内藤 いろいろありますよ。草津温泉に伊香保温泉など、有名な温泉地もたくさんあるし、下仁田ネギはおいしいし。あ、名物の焼きまんじゅうはオススメです。私も、実家に帰ると毎回食べていますね。

――焼きまんじゅう?

内藤 蒸したおまんじゅうに甘いタレをつけて、焼いて食べるんです。おまんじゅうは何も入れないんですけど、すごくふわふわでおいしいですよ。

――へえ〜。

内藤 高速のサービスエリアなどにもあるので、ぜひ一度食べてください。

――はい! そういえば、群馬ならではの方言とかもあるんですか?

内藤 実は私、ずっと群馬県に方言はないと思っていたんです。ところが最近、群馬でしか通用しない方言があることを知って。たとえば“かんませる”。

――分かんないです。

内藤 かき混ぜるって意味です。“それ、かき混ぜて”というとき、“それ、かんましといて”みたいに。

――勉強になります。

内藤 ウフフ。

――群馬の話ももっと聞きたいところですが、やっぱり気になるのは内藤さんのプライベートの部分。休日は何をされていますか?

内藤 甘い物が大好きなので、よく食べ歩きをしています。最近はアフターヌーンティーにハマってますね。

――なんですか、それ?

内藤 イギリス発祥のお茶のスタイルで、紅茶を飲みながら、何段ものトレイに乗ったケーキや軽食を優雅にいただくんです(笑)。ホテルのラウンジとかで。

――オシャレですね〜。

内藤 女の子っぽいことが好きなんですよね。

――では、そんな内藤さんの好きな男性のタイプは?

内藤 なんだろう……聞き上手な人が好きかも。私がけっこうおしゃべりなので、聞いてもらいたいですね。

――ふむふむ。あとは?

内藤 あ! 私の両親に気に入られることかも。一人っ子だから、両親がいろいろ言いそう。特に父が(笑)。

――おおっ。内藤さんのお父さんは、かつて強豪・三洋電機に所属されていたラガーマンだとか。これは怖いですね〜。

内藤 アハハ。ただ、うちの父はポジションがセンターだったので、ぶつかりあうというより、パスを受けて駆け抜けるほうだから、そんなにゴツくはないんですけど。

――とはいえ、元ラガーマンのお父さんが出てきたら、彼氏はビビるでしょうね。

内藤 一度も男の人を紹介したことはないけど……たぶん、父は誰を連れていっても、一度は反対するんじゃないかな(笑)。

――まあ、それはどこのお父さんも同じですよね。もしつきあうなら、やっぱり群馬好きがいい?

内藤 いや、むしろ、ちょっと意地悪に群馬県をイジってくれるほうがうれしいです。そのほうが会話も弾むし、群馬のこともいっぱい教えてあげられるので。

――群馬愛に満ちていますね。お、そろそろお時間のようです。最後に、今後の夢を教えてください。

内藤 そうですね。ここ3〜4年で女優としてお仕事をいただけるようになったので、これからも女優業を頑張っていきたいです。そして、もっといろんな場所に行きたい。私は御朱印を趣味で集めているので、全国の神社を回りたいです。

 高校時代から多方面で活躍してきた内藤さん。透明感のある美女だけに“とっつきにくいかも”と不安もありましたが、実際に話すと、とにかく気さくで人懐っこいところが印象的でした。今後ともご活躍を!

内藤理沙 ないとう・りさ
1989年1月10日、群馬県生まれ。A型。「第8回全日本国民的美少女コンテスト」本選出場を機に芸能界入り。2012年、ドラマ『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』で女優デビュー。その後も『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜』『忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜』などに出演。7月から放送の木曜ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)には、島崎すみ江役にてレギュラー出演中。今年1月、故郷の群馬県をPRする“観光特使”に任命され、活動の幅を広げている。

関連記事(外部サイト)