映画監督・長谷井宏紀「人と何かを共有できるって、とても豊かなこと」

映画監督・長谷井宏紀「人と何かを共有できるって、とても豊かなこと」

記事画像

 今回の映画『ブランカとギター弾き』は、キャスティングが一番大変だった。2か月、フィリピンのストリートを歩いて探したんですよ。リアルに拘りたいということもあったし、何より、本当にそこに住んでいる人たちと一緒に何かを表現するっていうのが、すごく楽しいから。

 ストリートで色々な人に声をかけてキャスティングしたんですが、みんな電話を持っていなかったりして、プロダクションの人に、“あの場所にいたこの写真の人を連れてきてくれ”ってお願いしても、“ムリだよ”って。結局、“とりあえず、現場にカメラを置こう。そうすれば、人が集まるから”って言われて、そこからキャスティングしていったんですよ。

 メインどころを演じてもらった盲目のギター弾き・ピーターは、別の短編作品の撮影のときに、教会の地下道で出会った。缶を置いて、ギターを弾いていた。傍には、お金の監視役をする小さな子どもがいて。彼をみて、この人で映画を撮りたいって思ったんです。言ってしまえば、今回の映画は彼のあて書きですね。

 ピーターは、すごいんですよ。今回、映画に出てもらうわけですから、それなりのギャラを渡したはずなのに、撮影最終日に5000円しか持ってない。“なんで?”ってのけ反りましたよ。聞くと、みんなに配っていたんです。ピーター自身、ストリートでギターを弾いてお金稼いでいるわけだから、決して裕福じゃない。それなのに、お金に困っている人とか、親戚とかにほとんど渡しちゃったみたい。本当、格好いい。

 彼は、映画の撮影が終わった3か月後に亡くなってしまったんですが、本当に、いろんなものを分かち合って死んでいったんだなって。

 フィリピンに限らずですが、とてもヘビーな状況で生きている人ってたくさんいる。彼らは何も持っていないから、生活は厳しい。でも、人をすごく大事にするんですよ。何もないから、生きていくために、頼れるとしたら人じゃないですか。人とのつながりを、すごく大事にしていて、そういうのがいいなって。

 僕は、人のあったかさっていうのがとても重要だと思うんですよ。やっぱり、孤独ってつらいじゃん。でも、人と何かを共有できるってとても豊かなことでしょう。

 そういうストリートにある物にアプローチしていきたい。見る必要がない物って、みんな見ないじゃないですか。ゴミ山で生活をしているようなストリートチルドレンとかって、自分たちの生活にはどうでもいいことだと思っている。どうだっていいけど、本当はどうでもよくないことを表現していきたい。

 やっぱり、自分が一番、情熱的でいられるのは、いつだろうって考えると、旅先のストリートで出会った人たちと一緒に、何かを表現するっていうときなんですよ。それを上から描くんじゃなくて、中にできるだけ入って、そこから外に向けて、表現していきたい。ヘビーな状況にいる子どもたちには、社会に対して訴えかける術を持っていない。僕は、映像っていう手段を持っているから、そこに出かけていって、彼らの言いたくても言えないことを世に出していきたいんです。

 シリアの女の子の叫びなんて、テレビで見てもわからないじゃないですか。やっぱり、俺らは爆弾を落とされていないし、手を失ったとか、そういう痛みはわからない。でもそれを、イマジネーションすることが重要だと思うんです。

 まあ、こんな偉そうなこと言っていますけど、僕自身が、イマジネーションできていないから、今回のような映画を作ったんだと思います。映画で表現したことを自分の日常生活の中に、表現されているかっていうと、そうでもない。自分ももがいているんですよ。

 次の自分の映画が、どこに行くかわからないですけど、自分が楽しむために作るし、自分が足りていない部分や、求めている部分に正直に作っていきたいですね。

撮影/弦巻 勝

長谷井宏紀 はせい・こうき
1975年岡山県生まれ。セルゲイ・ボドロフ監督『モンゴル』(ドイツ・カザフスタン・ロシア・モンゴル合作・米アカデミー外国語映画賞ノミネート作品)では映画スチールを担当。09年にフィリピンのストレートチルドレンを描いた短編映画『GODOG』でエミール・クストリッツァ監督が主催する映画祭で「金の卵賞」を受賞。セルビアに活動の拠点を移し、海外資本の映画製作に携わる。15年に『ブランカとギター弾き』で長編映画監督デビュー。現在は東京を拠点に活動中。

関連記事(外部サイト)