次はクドカン&小泉!「TBS火10」に高まる期待

次はクドカン&小泉!「TBS火10」に高まる期待

記事画像

 TBSの火曜10時ドラマとして、現在渡辺直美(29)が主演を務める『カンナさーん!』が放送中だ。高視聴率が続き、まさに絶好調だが、10月からの同枠で、宮藤官九郎(47)が脚本を務める小泉今日子(51)の主演ドラマ『監獄のお姫さま』が放送されることが発表され、早くも視聴者からの期待が高まっているようだ。

『監獄のお姫さま』は、女子刑務所の中でたくましく生きる5人の女性たちを描く作品。囚人の一人である主人公の馬場カヨ役を、小泉今日子が演じる。カヨは夫を刺したことによる“殺人未遂”の罪で、生まれて初めて刑務所生活を経験する役どころだという。

 また、他の囚人役を森下愛子(59)、菅野美穂(39)、坂井真紀(47)、夏帆(26)といった実力派女優が務め、彼女たちに接する厳しい女刑務官役を満島ひかり(31)が演じることも併せて発表された。

 小泉はNHK連続テレビ小説『あまちゃん』などで、宮藤官九郎の脚本作品をすでに経験済み。『監獄のお姫さま』の公式ページには、「脚本通りに演ずれば面白いこと間違い無しだと思ってます」とコメントを寄せている。

 クドカンの脚本と、小泉をはじめとする豪華女優陣の共演に、SNSは大盛り上がり。「メインキャストに“間違いない”メンツそろえてきたな」「自分の中のハードルが上がりすぎて見るの怖いレベル」「囚人たちが実力派の人ばかりでかなり好みなキャスティング!」「絶対面白いでしょ、こんなの」と、ドラマに期待を寄せるコメントが続出している。

「TBS系の火曜夜10時ドラマは、『逃げるは恥だが役に立つ』や『カルテット』などの話題作が続いています。現在放送中の『カンナさーん!』も高視聴率を連発していますし、まさにドラマファンの注目を集める枠になっていますね。自然とTBS側も気合いが入るのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)

 放送開始前からすでに世間をにぎわせている『監獄のお姫さま』。秋ドラマの最注目作品となりそうだ。

関連記事(外部サイト)