マツコ「やばい」久保田アナのズボラさに驚愕

マツコ「やばい」久保田アナのズボラさに驚愕

記事画像

 7月26日放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、久保田直子アナウンサー(35)のズボラな私生活が明かされ、タレントのマツコ・デラックス(44)、お笑いタレントの有吉弘行(43)から非難される場面があった。

 この日、紹介された男性視聴者からの投稿は、「妻が食器をすぐに洗わず、朝昼夜の分をためてまとめて洗う。自分が洗いたいのだが、妻から“台所に入らないで”と言われるので洗えない」というもの。ここから、マツコと有吉の間で、“ためる派”か“すぐ片づける派”かについてトークが展開された。そして久保田アナが机の上に出たゴミをすぐ片づけるか、ちょっと置いておくのかという質問をしたところ、有吉がすぐに「なに、ちょっと置いとくって?」と逆質問。続けて「なんで置いておくんだよ。ゴミ出たんだろ? 捨てろよ」と、厳しい口調で言い放った。

 問いつめられた久保田アナは、自分は“置いておく派”だとし、いつもアイスを食べてそのままうっかり寝てしまい、起きたらテーブルの上にアイスのカップがそのまま置いてあることが珍しくないと告白。これを聞いた有吉から「なに、“うっかり”って?」と、さらに厳しく問いつめられてしまう。

 詳細を話すよう求められた久保田アナは、そのときの様子をジェスチャーで再現。「チョコチップクリームのアイスを食べて、”おいしかったー!”って」と、カップをテーブルに置く動きをした瞬間、有吉から「捨てろよ、なんで捨てねえんだよ!? なんで置くんだよ」と注意されていた。

 久保田アナによると自宅はワンルームで、スペースの問題からソファは置いていないため、アイスを食べるのはベッドの上で、ベッド上でテレビを見ながらアイスを食べ、そのまま寝てしまうらしい。これを聞いたマツコは「想像よりもはるかにヤバかった」と驚いた表情を見せ、「もう一歩、前進させてみない? 生活を。女子大生時代と変わらない生活をやめて」と、久保田アナにアドバイス。

 マツコが続けて「社会人になって何年?」と質問すると、久保田アナは恥ずかしそうに「13年です……」と回答。マツコから「13年目の社会人っぽい暮らしにしてみたら?」と勧められた久保田アナは、「したいです!」と明るく返答したのだが、これを聞いた有吉から「“したいです”じゃなくて、今日からしろ!」と一喝されてしまった。

「久保田アナは以前も、この番組で化粧を落とさずに寝てしまうことがあると話しており、すっかりズボラ女子のイメージがついてしまいましたね。今は恋人がいないようなのですが、かつてはそのズボラさが原因でフラれたことがあると噂されていますよ」(女子アナウォッチャー)――ゴミは片づけましょう。

関連記事(外部サイト)