カトパン、ミトちゃん…人気女子アナ「お仕事争奪」血みどろサバイバルバトル

カトパン、ミトちゃん…人気女子アナ「お仕事争奪」血みどろサバイバルバトル

記事画像

「いよいよ女子アナ界が大荒れになってきました。フリー、地方アナ、入り乱れて、完全飽和状態です」と放送作家が話すように“テレビの華”女子アナの世界が大きく揺れている。

 まずは、海外留学を理由に退社が報じられたテレビ朝日の青山愛アナ(28)と、同局の宇佐美佑果アナ(29)。かつて「なりたい職業ナンバーワン」といわれた女子アナの肩書きを捨てるのにはワケがある。女子アナ評論家の高島恒雄氏が語る。「2人とも帰国子女で海外生活が長いため、留学はごく自然なこと。ただ、やはり年齢的に“このままでいいのか”“バラエティだけでいいのか”と、置かれている立場を見直し、違うジャンルに挑戦したいと思ったのかもしれません」

 2人をそう思わせるに至ったのには、前述したように「昨今の、人材の飽和状態に陥った女子アナ界を見切った」(テレ朝関係者)という見方も強い。

 そんな過酷な世界に参戦すべく新たに名乗りを上げたのが、6月1日付けで関西テレビから新卒扱いとしてテレビ東京に電撃移籍をした竹崎由佳アナ(24)だ。一部では、「テレ東が彼女に特別な待遇をして関テレから“強奪”した」(芸能記者)とまで言われているが、テレ東は昨年8月にも、福岡のRKB毎日放送から福田典子アナ(26)を異例の中途入社させている。

「テレ東は人手不足で常に即戦力を欲しがっています。地方アナは、“キー局を全落ちし滑り止めの地方局に入った”ハングリー精神にあふれた人が多い。体を張るし雑用もこなす雑草魂の塊です」(前出の高島氏)というから、ぬくぬくしているキー局アナを脅かす存在になりそうだ。

 実際、人気女子アナも悠長には構えていられないのが現状で、特にトップ争いが激化の一途を辿っている。「日本テレビの水卜麻美アナ(30)のフリー転身がほぼ決まったそうですよ。来春、宮根誠司と同じ事務所に行くようですが、同事務所にはすでに田中みな実(30)がいます。その田中は、ここにきて“女帝ぶり”が露骨になってきています」(制作会社スタッフ)

 現在、彼女が帯MCを務める『ひるキュン!』(TOKYO MX)の現場では、スタッフの不満が充満しているというのだ。「たとえば田中は、インカムのマイクがオンなのに現場の悪口を言ったりして、スタッフと揉める火種を作るんです。それにスタッフが苦言を呈すると、田中は、なんとMXの専務にチクり、専務が現場を叱る……そういう状態になっていて。番組責任者は、“田中の顔を見るのも嫌”と、2か月間以上、現場に来ていませんよ」(MX関係者)

 一方の水卜アナといえば、「性格の良さは随一」との呼び声が高い。評判の悪い田中が、そのままのさばれるかどうか……。

 昨春にフジテレビを退社し、瞬く間に人気フリーアナとなった加藤綾子(32)は、他局解禁を機に正念場を迎えているという。

「CM出演はいくつもありますから安泰ではありますが、バラエティ番組でのエピソードトークが物足りなさすぎるんです。局アナ時代に話したネタを、最近でも3〜4回は使い回しています。このままではバラエティ番組には呼ばれなくなりますよ」(高島氏)

 そんな彼女の古巣のフジが今、何かと騒々しい。「5月に田中大貴アナが知り合いの社長に頼まれ、女子アナとの“ギャラ飲み”をセッティングするという“副業”に精を出し、出演番組を降板したことが報じられました」(女性誌記者)

 参加したのは久代萌美アナ(27)、小澤陽子アナ(26)、鈴木唯アナ(23)の3人。「いわば合コンですね。田中アナは社長から女子アナ1人につき10万円の報酬をもらっていたのに、呼ばれた女子アナたちには1万円しか渡っていなかったそう」(前同)

 彼女たちの参加動機は他でもない、「婚活では」というのは前出の放送作家だ。「フリーは競争が激化、かといって社内で出世しても意味がない。若手たちは、一昔前の腰掛けOLのように婚活に熱心なんです。特にセントフォース所属アナは、毎週のように有名外資系企業との合コンを、西麻布付近でやっていますよ」

 さて、しのぎを削る泥沼バトルから一人抜きん出て安泰なのが、意外や意外、テレビ朝日の大下容子アナ(47)だという。「スマップ解散騒動に際して香取慎吾側につき、スマップ元マネージャーから信頼を勝ち取りました。視聴者からの再評価もあり、好感度はうなぎ上りです」

 まさかの独り勝ちか!?

関連記事(外部サイト)