和田、松本…芸能人「テレビに映らない」“裏の顔”大暴露

和田、松本…芸能人「テレビに映らない」“裏の顔”大暴露

記事画像

 画面の向こう側では輝いて見える一流のタレントたち。視聴者には決して見せない素の表情を徹底取材……!

 芸能人の横顔を誰より見る機会が多いのがテレビマン。プロデューサー、ディレクターのみならず、下働きで身を粉にするADまで、我々がお茶の間で見るのとは、やはりずいぶんと違う芸能人の姿を目にする機会も多いようだ。

「言うまでもなく、ダウンタウンの松本人志さんは吉本に限らず、今、芸能界で最も発言権のある一人です。ラジオ番組で、その松本さんにオリエンタルラジオの中田敦彦さんが弓を引いたのには、吉本さんに限らず非難轟々です。広いようで狭いのが芸能界。この悶着以降、我々も中田さんとのつきあいは、あくまで“仕事”というスタンスを取らざるをえない。余計なストレスを増やされたようなもんです」

 こうボヤくのは某キー局のプロデューサーだ。「中田さんに正面切って反論したところで、松本さんには何の旨味もない。黙殺という態度を取っていますが、かなり苦々しい思いをしているらしい」

 だが、一方で違う見方もある。別のキー局のディレクターが打ち明ける。「『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)も年末のスペシャル以外は壊滅寸前、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)も評判が良いのは業界の内輪だけで、視聴率は決して良くない。ぶっちゃけ中田さんの言い分も、もっともというのが僕ら世代の本音ですね。大御所だから顔を立てて当たり前という、この業界の前提から変えてほしい」と、中田発言を擁護する向きもある。

「松本さんは『ワイドナショー』(フジテレビ系)での宮崎駿監督の引退発言についてのゴタゴタでも“同じことがあったら番組を降板する”と発言しました。それくらいの緊張感で臨まないと……という趣旨でしたが、イエスマンしか周りにいないのに、何が緊張感なのか」(前同)と、その口調は厳しい。また取材中、こんな話を聞くこともできた。声を潜めるのは、番組の編成担当だ。

「松っちゃんは、たけしさんを意識し過ぎですね。本人は、たけしさんが今の座に着いた年齢より先に、ワイドショーでのメインコメンテーターの座を射止めた。その自負もあるのでしょうが、たけしさんはお笑いだけでなく、映画も絵画もすべて海外でも評価されてからの今です。いくら松っちゃんが気の利いた持論をブッてみたところで、それ以上でも以下でもない。キツい言い方をすれば、中田さんにあんなことを言われるのが、今の松っちゃんのあり方を象徴している。たけしさんには、あんな口を聞く若手は一人もいませんから」と皆、なかなか手厳しい。

 特にバブルを経験していない若手のテレビマンは、大御所芸能人や先輩局員は時代が味方しただけで、努力やセンスで視聴率を取れたわけではないと、辛辣だ。「和田アキ子さんは怖いキャラ。だからペコペコして立てなければいけない。そういうお約束的な空気を後生大事にしているから、テレビ離れが進む。あらかじめ、そういう空気を押しつけられて、上から目線で何か言われても、尊敬しようがないというのが本音です」(前出のディレクター)

 同様の不満を漏らすのは、都内各局に出入りする某制作会社のADだ。「友近さんは年長の芸能人からの評判が、とにかくいいんです。その自覚があるからか、妙に縦社会のノリを押しつけてくる。勝手に小姑の立場に立って、教育的指導をされるのには辟易します。私は弟子でも部下でもない」

 この言葉の正当性はさておき、大物風を吹かす芸能人主導の現場の空気は良くないというのは、大方のテレビマン共通の見解のようだ。その代表格が、昨年の解散騒動が世間を賑わせた、元SMAPの木村拓哉その人だ。「ジャニーズ事務所さんとのつきあいを考えれば、キムタクはテレビ局にとって絶対の存在です。世間でどんな悪評があっても、キムタクの立ち位置は不動と言っていい」とは、冒頭に登場したプロデューサーだ。

「以前、あるバラエティ番組で、みんなでけん玉をやるという企画があった。それぞれ十字の横皿、底皿に乗せ、最後にキムタクがけん先に決めて終わるという流れでした」

 さて、件のキムタク。番組のシナリオでは、キムタクがけん玉の突起部分に乗せるのは“一発で”というものだったという。だが、トップアイドルとはいえ、人間である。奇跡を演出はできても、現実に起こすのは容易ではない。

「今となっては酒の席の笑い話ですが、いざキムタクがけん玉を“一発で”成功させるまでに優に4時間強。もちろんキムタクにしても、早く終わらせたいに決まっているわけで、被害者の一人かもしれない。そうは言っても、共演者、裏方含め、“キムタクのけん玉成功待ち”の空気の悪さは半端じゃなかった(苦笑)」(前同)

 私生活まで含め、すべての場面で主役であることが定められた男の悲劇と言うべきか。「出演者の一人だったある芸人は収録終了後、“マジで許さねぇ。俺が有名になったら絶対に干してやる”と延々と連呼してましたよ(笑)。それはそれで、キムタクが干されるより先に、お前が芸能界からいなくなるほうが先だと現場で噂になってましたが(苦笑)」

 常に担がれた神輿の上にいるのも、なかなか楽ではなさそうだ。

 下半身事情で悪名高いアイドルもいる。BS番組系を主戦場に、多くの番組を手掛ける制作会社所属の女性プロデューサーが明かす。「ジャニーズさんのタレントはプロ意識が高く、好みの差はあれ、概してテレビマンの評価は高いんです。だからこそ、それを裏切るような行為があると、かわいさ余って憎さ百倍というところがある。嵐の松本潤はそのいい例ですね」

 ご存じ、井上真央という恋人がいながら、セクシー女優と二股をかけていたことが露見し、報道以降、松本潤の人気は急落。「ファンにしてみれば、恋人がいるだけでも許せないのに、二股など最も許しがたい愚行です。SMAPの解散後、コンサートで、とりわけプラチナチケットを誇る嵐でしたが、最近、地方公演ではなんとか席がうまるくらいになっているらしい」(前同)

 さらに、不倫つながりの話を、ここでもう一つ。「ゲス不倫で活動を自粛していたベッキーも、まだ人気を回復できていないどころか、評判は下がる一方ですね」(同)

 その事情を聞こう。「ベッキーを一番心配していたのはウンナンの内村光良さんです。復帰は内村さんの冠番組で、ベッキーもレギュラーを務めていた日テレさんの『世界の果てまでイッテQ!』というのが業界の定説でした。それが蓋を開けると、復帰はTBSの『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』だった」

 大恩ある内村さんの親心を無視したと、日テレでは非難の嵐だという。だが、ベッキーの日テレとの確執はこれだけではないらしい。「20%超えの高視聴率を連発する『イッテQ!』は、日テレきっての辣腕演出家が手掛ける番組。『月曜から夜更かし』など、ヒット番組を連発しているだけに、この人を敵に回すのは日テレを敵に回すのと同義ですね」

 また、自粛期間中、関係各位にお詫びの手紙を書いたことでも知られるベッキーだが、著名なテレビマンやタレントにしか、手紙を出していないという話もあった。「カンニングの竹山さんは同じ事務所ながら“もらってねーよ”と怒り心頭という話は私も聞きました。お詫びは心から出るものです。人を選ぶのは、いかがなものか」(広告代理店関係者)

 こう悪評が聞こえてくるようでは、ベッキーの完全復帰への道のりはまだまだ前途多難と言えそうだ。

 ここまでは、テレビマンの間で総スカンを食らう芸能人にスポットを当てたが、もちろん芸能界だからと、誰もが高飛車で鼻持ちならないわけではない。ここからは、今回、取材したテレビマンが教える、少し深イイ芸能人の評判を一部紹介しよう。

「自分ではキモメンを演出していますが、私が知る一番のイケメン芸能人は南海キャンディーズの山里亮太さんです。打てば響く頭の回転の速さと、メガネを取ったときのギャップ感。世の女に本当の顔を知らせたいほど(笑)」(前出の女性プロデューサー)

 頭の回転の速さで名前が挙がったもう一人が、同じく芸人の小籔千豊だ。「まず気の利き方が半端じゃない。休憩時間にも、喫煙場所に来て、気さくに声をかけてくれる。そのうえに、絶対に笑わせてくれるんですよね。一般的に芸人の方はオンオフがしっかりあって、普段は無愛想な人も多いんですが、小籔さんは局を出るまでオン。私の中では、小籔さんこそ芸人の鑑です」(前出のディレクター)

 もう一人、取材中に“とにかく真面目”と、そのキャラとは裏腹の意外な評価の高さで驚かされたのが、極楽とんぼの加藤浩次だ。「加藤さん自身を人気芸人の座に押し上げた『めちゃ×2イケてるッ!』のイメージで、破天荒なキャラクターに思われがちですが、こんなに真摯に仕事に向き合う人は珍しい。新聞をキッチリ読んでくるのは当たり前。週刊誌や話題の本にも必ず目を通してくる。入念な予習を欠かさない勉強家だと、『スッキリ!!』さんのスタッフも絶賛していました」(前同)

 まさに、この加藤浩次の姿勢を知るからこそ、前述の“松っちゃん批判”につながったと言えそうだ。緊張感を持って、とは、口で言うものではなく、態度で示すものということか。

 ちなみに、このたび取材したテレビマンに、これまで会った芸能人で、一番好感度が高かった人はと質問すると、答えはまさかの全員一致で、石田純一だった。「不倫は文化」との問題発言も、世間にゲスいという印象を与えないのは、テレビマンを味方につける、その人柄ゆえかもしれない。

関連記事(外部サイト)