多くのジャニーズを輩出した「意外な土地」

多くのジャニーズを輩出した「意外な土地」

記事画像

 東京の堀越高等学校は、多くのアイドルが通う学校として有名だ。歌手や俳優といった芸能活動やスポーツを両立できる“トレイトコース”があり、80年代から“アイドル校”として知られるようになった。

 ジャニーズタレントにも、卒業生は多い。稲垣吾郎、草なぎ剛、TOKIO松岡昌宏、Kinki Kids堂本剛、V6岡田准一、嵐の松本潤、生田斗真、山下智久、NEWS手越祐也などがそうだ。

 堀越高校は、もともと芸能人が通いやすい環境であるため、出身者が多いのは当然だが、他にもなぜか多くのジャニーズを輩出した場所がある。

 それが神奈川県藤沢市だ。藤沢といえば、元SMAPの中居正広を思い浮かべる人も多いだろう。中居は藤沢出身で、これまでに本人がテレビやラジオ、雑誌などで地元愛を語っているため、ファンの間では有名だ。それどころか、自身の番組に、地元の仲間たちを登場させてしまったこともある。

 中居は、東京で一人暮らしを始める18歳まで、地元で生活していた。中居が通った藤沢市の中学校は、事務所の後輩であるタッキー&翼の今井翼も通っていた。中居が卒業したおよそ9年後に、今井が卒業している。

 その隣町にある中学校に通っていたジャニーズタレントもいる。中居より1学年下である、元光GENJIの佐藤アツヒロだ。佐藤は、中居の半年前にジャニーズへ入所。当時は、二人一緒に電車に乗って、都内のレッスン場に通っていたそうだ。そして、この佐藤と同じ中学校だったのが、元忍者の正木慎也だ。

 忍者は、1980年代後半のジャニーズで、光GENJIや男闘呼組と並び、“少年御三家”と呼ばれていたグループだ。デビューから4か月で『NHK紅白歌合戦』に初出場。その年の各音楽賞で新人賞を総なめにするなど、人気を集めたが、97年頃にグループ活動を休止している。

 知る人ぞ知る、人気ジャニーズを続々生み出した土地、藤沢。またここから次世代ジャニーズが誕生するかも!?

関連記事(外部サイト)