松本人志、山崎アナに「おばた売れない」宣言

松本人志、山崎アナに「おばた売れない」宣言

記事画像

 8月6日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志(53)が売れない芸人について言及。お笑いタレントのおばたのお兄さん(29)の名前を出し、交際している山崎夕貴アナウンサー(30)を慌てさせる場面があった。

 この日の番組では、横浜市の中学校で昼食時間が15分しかないことに対し、ネット上で批判の声が高まっているという話題が取り上げられた。これについて、タレントの石原良純(55)が15分は短いけれど、“食育”の観点からダラダラ食べるのは良くないと主張した他、元サッカー日本代表の前園真聖(43)は「早く食べて、みんなと遊びたかった」と中学生時代を振り返るなど、さまざまな意見が交わされた。

 一連のやりとりを聞いていた松本は「ちょっと論点ズレますけど」と前置きして、「芸人で食うの遅いやつは本当に売れないですから。ほぼ100パー(セント)なんで。15分で食べられないようなやつは正直、芸人としては絶対に売れない」と持論を展開。これを聞いたT.M.Revolutionの西川貴教(46)から「具体的にどういう方がいらっしゃったの?」と尋ねられた松本は、「言われても分からんような(芸人たち)」と名前さえ思い出せない様子だった。

 松本は番組の冒頭で、山崎アナとおばたのお兄さんを交えて食事をした話をしたのだが、これを踏まえて「おばたのお兄さんも(食べるのが)遅かったよね」と山崎アナに話を振った。すると山崎アナは彼女は「いやいやいやいや、ああいう場だったんで」と大慌て。松本がゆっくりとした動作でおばたのお兄さんの食べ方をマネすると、山崎アナは「そんな食べ方はしてないです。緊張してたんで、あのときは」と、おばたのお兄さんを必死にかばい、出演者たちから笑い声が上がった。

「松本との食事会は、松本が誰か呼んでもいいと言ったところ、山崎アナがおばたのお兄さんを誘ったのだと話していましたね。少しでもお笑いの勉強になればと、山崎アナが考えたんでしょう。おばたのお兄さんに対する愛情が感じられますね」(芸能誌記者)――まさかネタにされるとは……。

関連記事(外部サイト)