田村淳、女装したwith Bダイキを絶賛

田村淳、女装したwith Bダイキを絶賛

記事画像

 9月1日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、“withB”ことブリリアンの杉浦大毅(ダイキ/30)が出演。女装姿を初披露し、MCを務めるロンドンブーツ1号2号の田村淳(43)を驚かせる場面が見られた。

 この日は、プロのメイクで美女に変身した男芸人と、女芸人、オネエタレントたちが見た目の美しさを競う人気企画、“見た目ビューティーカップ”を開催。外国人男性が審査員となり、それぞれのチームから選ばれた3人のタレントの中で、誰が一番美しいかを争った。

 男芸人チームの総監督を務めるお笑いタレントの有吉弘行(43)がスタメンを選出する過程で、初参戦となるダイキがビビットピンクのブラウスに、白いスカートという女装姿で登場すると、田村はあまりの美しさに「いいの入ったねー!」と驚きの声を上げた。

 スタジオが騒然とする中、美容に興味津々という杉浦は「普段から小顔ローラーとか、半身浴、あとパクチーを食べて、デトックスしてます」と自身の美容方法を説明。それを聞いた淳から「メイクとかも、自分でこうしたいとかいうのがあるんだよね?」と質問された杉浦は「もともと目が丸いので、目尻にはマツエクをつけずに真ん中にだけつけて、目を特徴的に(している)」と独自のアイメイク術を披露し、共演者を驚かせた。

 さらに、女装経験があるのかという質問には、「女装は正直やったことないんですけど、女性のメイクを見るのがすごい好きです」と回答。あまりに完璧な杉浦の女装ぶりにスタジオからの注目が集まると、同じく女装した千鳥の大悟(37)は口をとがらせて、不満そうな表情になっていた。

 そして、いよいよ対戦がスタート。1戦目、2戦目とダイキは負けてしまったが、3回目の勝負ではIKKO(55)と、ゆりやんレトリィバァ(26)に勝利。外国人男性の審査員から「一晩、共に過ごしてもいい」と評価されたダイキは、複雑な表情を浮かべていた。

「父親が脳神経外科医というエリート一家に生まれた杉浦は日本医科大学を中退後、ブライダルモデルをやっていたというだけあり、かなり上品な顔立ちをしています。今はwith Bとして活動していますが、そろそろお笑い以外のオファーもきそうですね」(芸能誌記者)――ピンでもいける!?

関連記事(外部サイト)