長嶋一茂が『良かれと思って!』で劇団ひとりや武井壮、澤部佑らに"落書き事件"を語る

記事まとめ

  • 長嶋一茂が『良かれと思って!』で、劇団ひとりらに"落書き事件"のウラ事情を明かした
  • 一茂は12年に元女優のマネージャー(当時)から自宅の壁に「バカ息子」と落書きされた
  • 「(落書きしたのは)明石家さんまさんだと思った」と話す一茂に、澤部佑らは困惑した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております