イッテQかプレバトか!?「楽しみなテレビ番組」1位は?

イッテQかプレバトか!?「楽しみなテレビ番組」1位は?

記事画像

 インターネットの普及などによりテレビ離れが進む昨今だが、ヒマなときはついついテレビを見てしまうこともある。好きな番組ができると毎週の放送日が待ち遠しくなる、という人も多いのでは? そこで今回は「今一番楽しみにしているテレビ番組」を全国の各世代200人にアンケート。ドラマ以外の番組を対象に、回答を集計してランクづけした。

 見事1位に輝いたのは『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、9%の人からの支持を集めた。イモトアヤコ(31)や宮川大輔(45)など、番組メンバーが世界各地を訪れ、体を張ってさまざまなことに挑戦していくこの番組。中でも、出川哲朗(53)が欧米の都市に行き、独特の英語「出川イングリッシュ」を駆使してミッションをこなしていく「はじめてのおつかい」が大好評で、この番組を選んだ理由として「出川が好き」(30歳女性)とタレント名を挙げる回答が複数見られた。他には、「いろんな世界の国が見られるから」(44歳女性)、「予定調和な部分と、何が起こるか分からない部分のバランスが良い」(53歳女性)という意見も。

 続く2位は、芸能人が「料理」や「いけばな」などにチャレンジし、その才能を判定するバラエティ番組『プレバト!!』(TBS系)が6%の票を獲得。理由を見ると、「俳句」(49歳女性)という意見が圧倒的多数。芸能人が作成した俳句を俳人の夏井いつき氏(60)が査定する「俳句の才能査定ランキング」が人気のようで、「梅沢さんがおもしろい」(67歳男性)と、同コーナーで名人位を持つ梅沢富美男(66)に言及する人も見られた。

 そして、3位には『ひるおび!』(TBS系)、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)、『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)、『そこまでいって委員会NP』(読売テレビ)の4番組が同率(5%)でランクイン。

 それぞれ理由を紹介すると、平日の情報ワイド番組『ひるおび!』は「ニュースを分かりやすく解説してくれる」(49歳男性)。『モニタリング』はいわゆるドッキリ番組だが、「イジメ要素や不快なものがなく、だますほうもだまされるほうも後味が良さそうで、見ていて楽しい」(44歳女性)との意見が。

 政治や経済について討論する報道系バラエティ番組『そこまでいって委員会』は、「コメンテーターの激論がいい」(61歳女性)。『今夜くらべてみました』はチュートリアル徳井義実(42)、フットボールアワー後藤輝基(43)、SHELLY(33)、指原莉乃(24)という4人のMCがゲストとトークを繰り広げる番組で、「徳井と後藤のかけあいが面白い」(54歳男性)と、MC陣の巧みな話術を評価する声が寄せられている。

 ちなみに、番組単体としてはランク外になるが、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)、『マツコの知らない世界』(TBS系)と、マツコ・デラックス(44)が司会を務める番組への票が多数あり、マツコ人気は健在といったところ。また、番組名での回答ではなかったため、これもランク外となったが、「ニュース/社会の出来事を素早く知ることができるから」(73歳男性)、「プロ野球/好きなチームの応援のため」(52歳女性)と、ニュースやプロ野球中継の支持率も高かった。

 ランキングを振り返ると、上位にランクインした『イッテQ!』や『プレバト!!』は、出川のおつかいや俳句の査定など人気企画に対する声が多かった。今の視聴者は「話題の芸能人が出ているから見る」というよりも、企画自体の面白さを重視しているようだ。

関連記事(外部サイト)