バカリズム「独自ルール旅行」に出演者ドン引き!?

バカリズム「独自ルール旅行」に出演者ドン引き!?

記事画像

 9月16日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に、お笑いタレントのバカリズム(41)が出演。温泉旅行で若手芸人を途中退席させたエピソードを披露し、タレントの久本雅美(59)らを震え上がらせる場面が見られた。

 この日は、お笑いだけではなく俳優や脚本家としても活躍し、多忙を極めているというゲストのバカリズムが、久本やHey!Say!JUMPの伊野尾慧(27)らとさまざまなトークを展開した。その中で、伊野尾が「仕事ばっかりじゃないですか、お話聞いてると。プライベートの時間とかってあるんですか?」と尋ねると、バカリズムは「プライベートの時間は、ほぼないですね」と返答。それを聞いた久本からの「芸人さん仲間と遊んだり、飲んだりとかはするの?」という質問には、そういう機会はほぼないとしながらも「お正月に唯一、長い休みをもらえるんで、温泉旅行に行ったりは(する)。後輩芸人とか、あと狩野英孝(35)も行ったりするんですけど、(不祥事があったので)去年は行けなかった」と答え、スタジオの笑いを誘った。

 バカリズムによると、ドラマなどで出演者単位での撮影終了を意味する“オールアップ制度”を、この温泉旅行に導入しているという。というのも、旅行に参加する若手芸人の中には、飲食店で大声を出したり温泉に入って泡を飛ばすなど、場を乱す者がたまにいるそうで、注意しても直らない場合には旅行の途中でも「以上をもちまして、オールアップです!」と笑顔で伝えて帰ってもらうのだとか。

 久本が「オールアップした人間はいるわけ?」と質問すると、バカリズムは「2、3人いますね。岐阜の下呂温泉で、本当は2泊3日だったのに、その子だけ2日目の朝、帰りましたね」と説明。笑顔で話すバカリズムにスタジオからは悲鳴が上がり、久本も「ドキドキしてきちゃった」と不安そうな表情を浮かべたが、バカリズムは「突然、言いだすわけじゃない。ある程度、それまでの積み重ね、蓄積があって、みんなで相談したうえでのオールアップですよ」と釈明していた。

「きちょうめんな性格のバカリズムらしいエピソードですが、出演者たちはかなり引いていたみたいですね。バカリズムは、酒に弱くほとんど下戸らしいので、馬鹿騒ぎが苦手ということもあるんだと思いますよ」(お笑いライター)――礼儀は大事!

関連記事(外部サイト)