水曜日DT、クロちゃん「衝撃奇行」にドン引き!?

『水曜日のダウンタウン』でクロちゃんの寝相の悪さに松本人志ら出演者がドン引き

記事まとめ

  • 『水曜日のダウンタウン』で高橋茂雄の提唱で『寝たら起きない王決定戦』が開催された
  • クロちゃんもターゲットに選ばれたが、就寝すると床をはいずったり泣き出したりした
  • 松本人志ら出演者はドン引きで、視聴者からも「本気で怖すぎる」などの声が出ている

水曜日DT、クロちゃん「衝撃奇行」にドン引き!?

水曜日DT、クロちゃん「衝撃奇行」にドン引き!?

記事画像

 10月11日放送のバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、安田大サーカスのクロちゃん(40)が寝ているシーンを公開。その想像を絶する寝相が、視聴者を驚かせたようだ。

 この日の放送では、サバンナの高橋茂雄(41)が「芸能界一寝たら起きないのジミー大西説」を提唱。別の番組で、ジミー大西(53)が寝ているときに体に電流を流されても目を覚まさなかったことから、彼を越える芸能人がいるのか「寝たら起きない王決定戦」を開催し、実際に検証することに。

 この企画でターゲットの一人に選ばれたクロちゃん。偽番組でお酒を飲まされ、泥酔状態で家に帰宅する。クロちゃんが就寝すると、まずは引っ越し業者が部屋の中の物を次々と運び出す。当然、大きな物音が出たが、クロちゃんはまったく起きる気配はない。それどころか、クロちゃんは床をはいずりながら、寝言で偽番組の美人共演者の名前を呼んだり、「あ〜ん、いや〜ん」と泣き出したりして、スタジオの出演者たちはすっかりドン引き。

 それからクロちゃんは、うなり声を上げながらオナラをすると、ベッドの下に潜り込んでいく。寝相の悪さと呼ぶにはあまりにもひどい様子に、番組では「完全にモンスターと化した男」と表現。その後も、クロちゃんの“奇行”は続き、そのたびにスタジオの観客からは悲鳴が上がった。

 そんな想像を絶するクロちゃんの寝相に、視聴者も恐怖を感じたようだ。「モンスターすぎるやろ」「クロちゃんヤバい、本気で怖すぎる……」「衝撃映像どころじゃないレベル」「怖すぎてマジで鳥肌立ってる」「もはや本物の化け物」と、ネットで大きな反響を呼んでいた。

「今回の企画では、王者のジミー大西が禁酒中で、すぐに目覚めてしまったため、クロちゃんの奇行がフォーカスされる結果になりました。あまりの衝撃的な映像に、ダウンタウンの松本人志(54)も絶句していましたね」(テレビ誌ライター)――放送事故ギリギリの恐怖映像!?

関連記事(外部サイト)