羽鳥がついに宮根超え? 男性キャスター「真の評価」

羽鳥がついに宮根超え? 男性キャスター「真の評価」

記事画像

 “ベシャリ”だけでは生き残ることのできない厳しい世界。世間の評判に現場の裏話も交えた真の評価とは?

■テレビ東京選挙特番で、池上彰の無双ぶりは健在 自民が圧勝し、希望は絶望に終わった衆院選。明暗が分かれた形だが、この選挙によって、男性キャスターたちのリアルな序列が浮き彫りになったようだ。各局が力を注いだ選挙特番で、民放トップの視聴率9.8%を叩き出したのは、政治家に容赦ない質問や指摘を浴びせる“池上無双”が話題の、テレビ東京の選挙特番『TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ』の池上彰(67)だった。「今回も無双ぶりは健在で、希望の党の細野豪志議員に“裏切りで男を下げたのでは?”“結局、小池さんの言いなりですか?”と痛いところにグイグイ迫っていた。自民党の影のドンと揶揄される二階俊博幹事長に、“なぜ二階さんに権力が集まるんでしょうか?”と切り込むと、“あまりいい質問じゃないですね”とブチ切れさせたシーンも、この日のハイライトの一つでした」(夕刊紙記者)

 安倍一強ならぬ“池上一強”で、これまでは来たが、安倍首相同様に“おごり”が見えてきたと、業界内の評価は下落傾向にある。広告代理店の社員は、「姿勢があまりに前のめり過ぎる」と、次のように話す。「選挙当日にパリにいた、希望の党の小池百合子代表との中継の冒頭、“ボンソワ〜ル”と呼びかけるイヤミ満点のシーンは、隣に座っていた大江麻理子アナもドン引きしていました。テレ東以外の各局は“ウチではあれはできない。かと言って手加減をお願いすれば、逆にそれを世間にバラされそう”と距離が広がりつつあり、新番組や特番の企画は激減しています」 池上無双は“諸刃の剣”のようだ。

■日本テレビでは「嵐・櫻井翔メインキャスター」の動きも… 日本テレビ系『ZERO×選挙2017』のMCを務めた村尾信尚キャスター(62)は、安定感ある司会ぶりに一定の評価があり、今回も、民放2位の9.3%という好視聴率を収めている。しかし、現場スタッフからはこんな声も。「硬派系キャスターとしては人気は高止まり傾向にありますが、一方で、現場からは“すべてが古臭い”“堅苦しい”という陰口もあり、最近は、“番組中に村尾の顔が映ると数字が落ちる”と言われる始末。嵐の櫻井翔にメインキャスターを引き継がせようという動きも、局内の一部にはあるようです」 意外にも人望はZEROだった?

■宮根誠司がMCを務めたフジテレビは視聴率が振るわず フジテレビは、『Mr.サンデー』のメインキャスターを務める宮根誠司(54)が、『FNN選挙特番ニッポンの決断!2017』のMCを務めたが、視聴率は7.2%で民放3位と振るわなかった。その原因とされるのが、10月19日発売の『週刊文春』で報じられた、〈『ミヤネ屋』降板フジ新番組に電撃移籍〉の記事だという。これは、宮根が『ミヤネ屋』(日本テレビ系)を降板して、フジで新しい番組に挑戦するとしたもの。「フジが、新しいニュース番組の企画書を持って宮根にオファーしたのは間違いない事実。しかし宮根は、これを“秒速”で断っているんです。ところが、その企画書が文春に流出し、記事になってしまった」(フジ関係者)

 記事が出たのは選挙特番の3日前で、「空気が非常に重く、それが番組に影響していないとは言い切れない」(前同)という。「いずれは報道に行きたい、という本人の野望もあり、どこかのタイミングで東京への本格進出という展開は大いにありえますが、まだそのときではないと風を読んだということでしょう」(芸能評論家の三杉武氏)

■テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』が好調 現在、この宮根以上に数字を取れると評価されているのが、羽鳥慎一(46)だ。「朝のワイドショー戦線で、万年最下位だったテレビ朝日ですが、15年秋に開始した『羽鳥慎一モーニングショー』が同時間帯トップを取ることが増えてきました。特に主婦層からの人気が高く、今回も、選挙特番にという動きがありましたが、事務所『テイクオフ』の絶対的な先輩である宮根さんとのバッティングを避けたともいわれています」(芸能記者の黒川良一氏)

 周囲は羽鳥の“下剋上”をつい期待してしまうが、「本人にその気がなく、むしろまだ下積み感覚でいますよ。実際、羽鳥のギャラは宮根の3分の1以下で、売り上げも年間で桁が1つ違うそうです」(前同)

■『ゴゴスマ』MCを務める石井亮次アナの去就は… 宮根と羽鳥の2トップが業界屈指の勢力を保持する同事務所だが、次に狙っているとささやかれる局アナがいる。『ゴゴスマ』(TBS系)のMCを務める石井亮次アナ(40)だ。「彼は、名古屋にあるCBCテレビ所属の、いわゆる地方アナ。確かな実力、前に出過ぎない絶妙なバランス感覚、さらにソフトな雰囲気も持ち合わせて、主婦層の心をガッチリつかんでいます。他地域ではまったくの無名でしたが、『ゴゴスマ』の放送地域拡大に伴い、全国区になりつつあります」(芸能記者)

 その石井アナに、「テイクオフが“すでに水面下で接触済み”との情報がある」(前同)という。「石井アナの去就次第では、男性キャスター界の勢力図が大きく塗り替えられることにもなりそうです。というのも、『ゴゴスマ』は同時間帯に放送する『ミヤネ屋』に視聴率で勝っているんです。同じ事務所となれば競合するわけにもいかず、“玉突き編成”が起きかねません」(前同)

■TBSの安住紳一郎アナもフリー転向がささやかれているが… 同じ系列のTBSで先輩の安住紳一郎アナ(44)も、かねてよりフリー転向がささやかれている一人だが、「フリーになれば年収2億超えも夢ではない。一方で、局の上層部は安住をなんとか引き止めようと事実上の役員待遇としています。局アナとしては超異例の年収を保証されているともいわれており、急いで独立する理由はなさそう」(芸能プロ関係者)

■古舘伊知郎には厳しい評価 逆に評価が厳しくなっているのが、古舘伊知郎(62)だ。16年3月、約12年にわたってメインキャスターを務めた『報道ステーション』から卒業。自由を得て再び天下を獲るかと目されたが、再出発後の番組は軒並み低迷している。「ギャラが高いことに加え、彼を起用するとなると個人の制作会社『古舘プロジェクト』を使わなければならないので、非常に金がかかるんです。そのわりに数字が取れるわけでもなく、業界内ではすでに“オワコン”扱いされています」(前同)

■不振著しい『とくダネ!』の小倉智昭 似た立場にいるのが、不振著しい『とくダネ!』(フジ系)の小倉智昭(70)。「視聴率に改善の兆しがなく、長年の相棒・菊川怜も番組を去り、新たなパートナーは新人アナ。さすがに焦りを感じているそうです。昨年は、薬物で逮捕された俳優への金銭支援が明らかになり、今年は人妻記者との不倫疑惑が報じられるなど、キャスターとしての適性にも疑問符がつけられていますから、降板は近そう」(放送担当記者)

■『スッキリ』の加藤浩次も正念場 この小倉の『とくダネ!』と激しい視聴率争いを展開している、日本テレビ系『スッキリ』の加藤浩次(48)への評価も、なかなか上がらない。「『スッキリ』は、この秋から水卜麻美アナを加えてリニューアル。そのおかげで一瞬、数字が上がりましたが、すでに前の水準に逆戻り。上層部からは、“1年以内にある程度の結果を”と厳命されているそうです。出演するフジのバラエティ番組『めちゃイケ』の終了が内定し、バラエティからキャスター業へとさらに軸足を移したい意向の加藤にとって、正念場と言えそうですね」(日テレ関係者)

 群雄割拠の男性キャスター界で、天下取りを果たすのは、いったい誰か。

関連記事(外部サイト)