永井里菜「Y字バランスができて、自分でもビックリしました(笑)」

永井里菜「Y字バランスができて、自分でもビックリしました(笑)」

記事画像

 イメージDVDではオジサマたちが思わず唾を飲み込むようなポーズをとる永井里菜ちゃん。彼女の代名詞である“Y字バランス”の秘密から最新写真集のウラ話などを話してくれた。

――今日はよろしくお願いします。

永井 どうしよう。緊張しちゃいます。インタビューとかホント緊張するんです。

――何をおっしゃる。全然、緊張しているようには見えませんけど(笑)。

永井 いえ、本当に緊張するんですって。いまだにイベントとかに出ても緊張していますもん。

――では、自分なりに緊張をほぐす方法とかはある?

永井 う〜ん、そうですね。ジュースを飲むと落ち着けますね。

――へえ〜。ジュースが好きなんだ?

永井 そう! 最近はアップルジュースにハマっていて、いろいろなメーカーのアップルジュースを飲んでいるんです。アップルジュースにも、味の種類がたくさんあって〜。

■写真集ではニット姿がオススメ!――わ、分かりました。緊張もほぐれてきたようなので、まずは来年1月19日に発売される2冊目の写真集『永井里菜写真集 Rinaism』(双葉社)のお話を聞かせてください。

永井 はい。えっと、今回はサイパンで撮影してきて、ガチガチに緊張していた1冊目に比べるとリラックスして、自然体で撮影に臨めましたね。

――へえ、どんな写真が撮れました?

永井 遊び心のある写真でしょうか。たとえば、すごくキレイな海で、人生初カヌー体験で、カヤックに乗ってハシャいでみたり。空も青く、もちろん衣装もかわいくて、自然な笑顔が出ましたね。あっ、もちろんセクシーなのもありますよ(笑)。

――おっ、気になるなあ〜、どういう衣装なのかな。

永井 今、はやりの例のニット! ホルターネックで背中というか脇まで、パックリ開いているだけじゃなく、なんと胸のところも開いていて、谷間がバッチリ見えているんです。こんな感じです(スマホで撮影した、ニット姿を見せてくれた)。

――これはオジサマもイチコロです(笑)。

永井 ウフフ。今回初めて着たんです。いろんなグラドルさんが着ていて、私も着てみたいなぁと思っていたんです。

――写真集には欠かせない水着姿について教えてください。

永井 ビスチェの水着を初めて着ましたね。

――ビスチェって下着の?

永井 はい。ドール人形みたいなやつ。意外とこういう露出の多い水着を今まであまり着たことがなかったんですよ。大人な雰囲気というか、露出高めで頑張って色気を出しましたよ。

■DVDでY字バランスが話題に――おおっ。発売が楽しみだ。さらに、同じくサイパンで撮影されたイメージDVDが2月に発売されます。

永井 まだ、タイトルも決まっていないのですが、写真集と同じタイミングで撮影しました。今回で通算22作目になります。

――出しまくってるじゃないですか。里菜ちゃんのイメージDVDで話題になるのが“Y字バランス”だよね。

永井 ウフフ。Y字バランスは最初、自分でできるとは思わなかったから里菜もびっくりしました(笑)。ファーストDVDのときだったかな。里菜はこれといった特技もなかったんですけど、ちょっと体は柔らかかったから、監督さんにそのことを伝えたら“Y字バランスはできる?”と聞かれたんです。

――それで挑戦してみたら、できちゃった?

永井 はい。最初の頃はY字も不安定だったんですが、だんだん慣れていくうちに、今では“I字バランス”もできるようになったんです。

――すごい。新体操かバレエの経験者だと思っていました。

永井 全然。学生の頃はずっと陸上部でしたから。

――意外です。Y字バランスは、やっぱり女の子的には恥ずかしい格好なの?

永井 初めの頃は恥ずかしかったです。プライベートで、あんなに人前で脚を広げることもないので。でも、最近は慣れました(笑)。今は、壁に手をつかずI字バランスができるかどうかが勝負になってきました。

――ええ!? 何の支えもなくすっと片足を上げて、I字で立てるんだ。その体勢は何秒ぐらいキープできるものなの?

永井 30秒ぐらいかなぁ。DVDの撮影ではI字バランスになった後、脚元のほうからゆっくりとカメラが脚に沿って上がってくる感じなので、その時間がおよそ30秒ぐらいなんです。

――なるほど。その体の柔らかさを維持するためにストレッチとかは?

永井 “股割り”はよくやっていますよ。ストレッチとして。

■陸上部時代、中距離走で活躍――ところで、先ほど学生の頃はずっと陸上部だったと聞きましたが、種目は何だったの?

永井 中距離です。800メートルや1500メートルを走っていました。

――全力で走る一番キツい種目じゃないですか!

永井 はい。走るのがすごい好きなんです。駅伝とかもやってました。高校生のときに、全校生徒による29キロマラソン大会で、女子1位をとったことがあります。

――へえ〜。才能はもちろん、根性もありそうだよね。

永井 そうなんです。人3倍負けず嫌いで、自分の前を走られるのが大嫌いでしたね(笑)。前方に選手を見つけたら、必ず抜かす! と思っていました。

――意外な一面だ。運動神経抜群で美人とくれば、めちゃくちゃモテたでしょう。

永井 いや、それが全然。学生の頃は陸上一筋だったですから。髪型もベリーショートで表情も今よりキツかったかも。男子が近寄りがたい雰囲気も醸し出していたと思います。女の先輩たちからはよくかわいがられましたけど(笑)。

――へぇ〜。陸上に熱心だった頃、胸は邪魔じゃなかったの?

永井 あっ、(胸が)なかったんですよ。スポーツブラで大丈夫でした。陸上しているときは薄っぺらかったですね。だって、走っているとき、揺れなかったですもん。

――ええっ。今からは想像もできない、驚きです。

永井 高校2年生の途中で陸上をやめてから、だんだん大きくなってきたんです。それまで、ずっと胸がなかったから、でかくなっていくのが、恥ずかしいというか嫌だったので、(さらしみたいなブラで)ずっと押さえつけていたんです(笑)。

――もったいないなあ〜。

永井 その頃から髪も伸ばし始めて、ちょっと異性の目を気にするようになりました。

■渡哲也や加山雄三などダンディなオジサマがタイプ――ぐっと女っぽくなったんだね。理想の男性のタイプとかはありますか?

永井 里菜は昔から渡哲也さんや加山雄三さんみたいなダンディなオジサマが“理想の旦那様”なんです。

――お2人とも格好いいけど、里菜ちゃんとはだいぶ年の差があるような……。

永井 おばあちゃんの影響ですね。おばあちゃん子だったので、一緒にテレビを見たりしてたから、それぐらいの年代の男性が素敵と思うようなったのかなぁ。

――世のオジサマどころか、世のオジイサマまで夢が膨らむ話ですよ。デートはどんなところに行きたい?

永井 温泉に行ったり、神社巡りとか。京都旅行なんか最高ですね。あと、ドライブかな。車の運転が好きなので助手席に座るよりも自分で運転したいかも。

■飲料水のCMでイメージキャラクターをやりたい!――里菜ちゃんとドライブできたら最高だな〜。さて、そろそろお時間のようです。最後に今後の抱負を教えてください。

永井 1つはカレンダーを作ってみたいです。まだ1度も作ったことがないんです。あと、ジュースが好きなので、飲料水のCMでイメージキャラクターとかをやってみたいです。その商品の顔になるって、憧れるんですよね!

――きっといい話があると思います! 今日はありがとうございました。

永井 こちらこそ、ありがとうございました。

 ちょっとした仕草や話しぶりがとにかくかわいらしい永井里菜ちゃん。本誌オヤジ記者もあっという間にメロメロにされちゃいました。

永井里菜(ながい・りな)
1992年10月19日、埼玉県生まれ。T155-B85(E)W58H83。『笑顔検定1級』の歌って踊れるグラビアアイドル。メジャーデビューもはたした、週刊誌FLASH発のグラドルユニット『G☆Girls』のセンターとして活躍し、精力的にライブ活動を行う。スポーツ紙や週刊誌などのグラビアはもちろん、イメージDVDで魅せるY字バランスポーズが話題に。2017年4月よりイエローハットのCMに出演している。

関連記事(外部サイト)