夜ふかし恒例「良純年賀状」、今年も最高の出来?

夜ふかし恒例「良純年賀状」、今年も最高の出来?

記事画像

 12月18日に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、タレントの石原良純(55)が新作年賀状を披露。視聴者から「安定の面白さ」と大反響が巻き起こっている。

 年末時期に同番組で取り上げることがおなじみとなっている“石原良純年賀状”。これまで、ミニSLに石原がまたがった写真や、広大な自然を背景に立つ石原の写真や、ボウリングをする石原の写真などを使用してきた年賀状。

 石原いわく「見たことのない景色だったのでその感動を伝えたい」という思いがあるそうだが、なかなか伝わりづらいそれらの年賀状は、視聴者の間でも物議を醸してきた。そして今回の番組では、石原の2018年新作年賀状が公開されることに。

 今年からインスタグラムを始めた石原は「インスタ映え」を意識した1年だったと振り返っていたため、18年の年賀状には期待が持てるかと思われた。しかし石原は「今年は微妙」と自信がなさそうで、マネージャーも「良純さん、もう一回撮り直したほうがいいって!」「ダメだって!」と、怒り気味に言うほど。

 そんなやりとりの後、「新たな展開を迎えてる」と言って石原が公開したのは、「良純」と書いてある大きな将棋の駒が床の間にポツンと置かれた写真。これを見たMCのマツコ・デラックス(45)は「私これ好き」とコメント。村上信五(35)は「受け入れるまで時間かかる」と微妙な反応だった。

 視聴者の間でも今年の年賀状は好評(?)で、SNSなどでは「良純の謎年賀状、今年も安定してるね」「逆にセンスあるんじゃないかと思うよ」「石原良純の年賀状が安定の面白さ、今年のは嫌いじゃない」「良純の年賀状見ないと年越せないわ」「もう良純の年賀状の時期か……1年があっという間だな」と一部ファンからの感想を集めた。

「番組内で、石原はプロ棋士の藤井聡太(15)の名前を挙げ、“今年は将棋ブームだった”と理由を述べていました。石原の写らない、これまでになかった静物がテーマですから、年賀状の進化を感じましたね」(テレビ誌ライター)

 2019年はどんな年賀状が披露されるのだろうか。

関連記事(外部サイト)