梅沢富美男、出場しない『紅白』のために衣装を作成!?

梅沢富美男、出場しない『紅白』のために衣装を作成!?

記事画像

 12月20日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に、俳優の梅沢富美男(67)が出演。出場を逃した『NHK紅白歌合戦』のために、70万円もする衣装を作っていたことを明かした。

 この日は、2017年のテレビ出演が昨年の157本から243本に増えるなど、再ブレイクした梅沢がゲストとして登場し、番組MCを務めるお笑いタレントの東野幸治(50)らとトークを展開。その中で、東野が「『夢芝居』っていう曲が今年1年、いろんな音楽番組でよく流れていた」と、梅沢の再ブレイクで、代表曲である『夢芝居』が再び注目を集めた話を振ったところ、梅沢は「もうテレビ局というテレビ局の音楽祭全部で歌っていますよ」と今年1年を振り返った。

 そんな梅沢の活躍を見ていたため、東野は今年の初め頃からずっと「梅沢さん、『紅白歌合戦』(の出演依頼が)きますよ」と梅沢に言い続けていたことを明かし、梅沢も「(東野は)ずっと言ってた」とそれを認めた。東野によると、梅沢は当初、出演依頼は来ないと言っていたのだが、東野におだてられたことでだんだんその気になり、秋には紅白歌合戦用の衣装を作ってしまったのだという。

 その衣装について、梅沢が「70万(円)ぐらいかな。タキシード」と明かし、スタジオの共演者を驚かせ、東野からの「紅白歌合戦のメンバーには?」という質問には、「入ってません。(出演依頼の)電話も鳴らねぇーわ!」と怒りを爆発させた。東野から「その気になってやんの!」とツッコまれた梅沢は「おまえさんが言うからだろ!」と、自身をおだて続けた東野に対して不満をあらわにし、スタジオの笑いを誘っていた。

「梅沢の人気はすさまじく、バラエティや音楽番組だけではなく、今までは敬遠されがちだったテレビCMのオファーも数多く舞い込んでいるといいます。今年の『NHK紅白歌合戦』への出場は逃しましたが、この人気が続けば、来年の出場も夢ではないかもしれませんね」(芸能誌記者)――35年ぶりの出場となるか!?

関連記事(外部サイト)