パチンコ「2017年すごく稼げた台」ベスト3大発表!

パチンコ「2017年すごく稼げた台」ベスト3大発表!

記事画像



森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第63回 今年お世話になった機種ベスト3



 一年がたつのは早いもので、今年ももう残すところあとわずか。今年の流行語大賞は「忖度」と「インスタ映え」ですが、パチンコ業界にも流行語大賞があるとすれば、「新基準」「小当たりRUSH」あたりが有力じゃないかな。2017年はそんな感じの一年でした。

「年間収支約50万プラスのパチンコライターが、初心者でもお小遣い程度の勝ちを堅くつかむコツを伝授する」―――そんな趣旨で始まった本コラムですが、おかげさまで今年の年間収支もプラスで終わることができそうです。ライターである私の年間収支がマイナスとあっては、どのツラさげてエラそうなこと言ってんだって話ですもんね。ひとまずメンツを保つことができてホッと一安心、パッとさいでりあでございます。

 具体的にどれくらい勝ったのかといえば、実は50万の半分にも届かない+236200円だったりするんですけどね……。2017年はあと一週間ほど残っているので、実はここからマイナス域への転落もありえる額。ドヤ顔でコラムをアップするのが恥ずかしいよッ! 穴があったら入りたいのは私もパチンコ玉も一緒ですね。

 さて、2017年最後の更新となる今回は、年末恒例(なのか!?)の「今年お世話になった機種ベスト3」を発表したいと思います!

 MAX機が撤去され、新基準機時代が本格的にやってきた今年。どれもこれも似たような機種ばかりだった昨年に比べれば、スペックの幅も広がり、趣向が凝らされた機種が増えましたよね。

 2017年の頭は悲観的な話題も多かったですが、個人的には、今年は打ちたいと思える台が多く、パチンコ愛が戻った一年になりました。ボジョレー風に言えば、ここ10年で最高のデキである2017年産のパチンコ台の中から、お財布的にお世話になった機種をさっそく紹介していきましょう!!

 まずは第3位は……(心の中でドラムロールを鳴らしてください)。

■意外に「なんとかしてくれる」パチンコ機種!? デンッ! 『CRルパン三世 Lupin the end』(平和)です! 

 2017年産の……と言っておきながら、本機は2016年に導入された台です(汗)。でもまぁ、出たのが10月なんで、ほぼ2017年の台と言ってしまっても良いでしょう!

 ただ、私のコラムや出演している動画をよくチェックしてくださっている方は、意外に思われるかもしれませんね。『ルパン』好きのイメージもなければ、実際に積極的には動画やコラムで触れることも少なかったですから。

 でも実は、2017年の前半はこの台にお世話になりっぱなしだったんです。そして実は今も『CR不二子』に絶賛ドハマリ中。こちらは全然勝てていないので、むしろ私がお世話をしている状況なんですけどね(涙)。

『ルパン』は大量導入したホールが多かったので、勝ちやすい台にめぐり会えるチャンスに恵まれたことも一因ですが、何より“ステージ性能”の良さに助けられました。

 本機は他の機種に比べて、液晶画面の前にある「ステージ」に乗った玉がヘソへと入ってくれる確率が高く、これを私たちパチンコライターは「ステージ性能が良い」と表現しています。ステージ性能が良いと、デジタルが回りやすいので、勝てる台が探しやすくなります。

 そして、パッと見ただけでは勝ちやすいとは思えない台でも、意外となんとかなったりすることも多いのです。特にパチンコ動画の収録において、『ルパン』には大変お世話になりましたね〜。動画収録では店を移動できませんから、勝ちにくい条件で打ち切らなければならないこともあります。そんなときは、まず『ルパン』。本当にありがとうございました。

 そして第2位は……(心の中でドラムロールを以下略)。


CRぱちんこ必殺仕事人V
(京楽)
◆大当たり確率:約1/309.1
 →確変時:約1/45.2
◆確変突入率:60%
(C)松竹・ABC (C)KYORAKU

 ドンッ! 『CRぱちんこ必殺仕事人V』(京楽)!! 

 こちらは今年導入された機種の中で、もっとも素晴らしかったと思っています。パチンコ攻略誌では年末になると、今年のベスト台を選出してコメントする、いわゆる「年間大賞」的な企画が必ず行われます。なので、私はこの1か月の間で、何度も何度も『仕事人V』の絶賛コメントを書きました。

 ……が、何度でも書きましょう。『仕事人V』は、スペック良し、演出良し、なんだかんだ言われていた筐体も良し。アンチ・ド定番な私も白旗を揚げるしかないほどの、100点満点な台でした。

 実戦結果はと言いますと、最高出玉は2万発そこそこがベストではありましたが、『仕事人V』のウリは、爆発力ではなく安定感にアリ。何と言っても、すべての大当たりに時短100回転がつくうえ、出玉アリ大当たりはラウンド振り分けナシで、すべて15ラウンド(約1400発)ですから。

 勝ちやすさの目安である「ボーダーライン」が、新基準機とは思えないほど“甘い”こともあって、初当たりにさえ手こずらなければ、負ける気がしないですもん。実際、戦績に関して言えば、もっとも勝率が高かった機種でしたしね。本当にごちそうさまでした。

 そして栄えある第1位は……(心の以下略)。

■「あの定番機種」で3万発


ぱちんこCR真・北斗無双
(Sammy)
◆大当たり確率:約1/319.7
 →確変時:約1/81.2
◆ST突入率:50%(ST130回転)
◆ST継続率:約80%
(C)原哲夫・武論尊/NSP 1983 版権許諾証KOJ-111
(C)2010-2013 コーエーテクモゲームス (C)Sammy

 バンッ! 出たっ! 大方の予想通り、『ぱちんこCR真・北斗無双』(Sammy)でございます!

 この機種もリリースは2016年。3台中2台が2017年に出た台じゃないっていうね(苦笑)。とは言え、なんだかんだで今年も結局『北斗無双』だったんですよ。「結局、無双」これも2017年の流行語にしちゃってください! って言うくらい、結局『無双』、やっぱり『無双』、困ったときは『無双』……の一年だったんです。トータルの勝ち額もそうですが、打った時間も断トツでした。

 ただ『北斗無双』は、2位の『仕事人V』とは真逆というか、収支がめちゃくちゃ荒れます。今年一番勝った日も、一番負けた日も『北斗無双』を打ってました。ちなみに最高は2月8日の+11万4000円(約3万発強の出玉でした)、最低は12月6日の−7万5500円です。厳密にいえば、最高負け額の日は未練打ちした『ドラム麻雀物語』でチョロッと出たからこの額になっているだけで、『北斗無双』のみなら−8万円ですからね(苦笑)。

 お世話になったと言うくらいですから、もちろん思い出深いオイシイ展開も何度かありまして。今年は3度の10万勝ちがあったのですが、そのうち2回は『北斗無双』でした。やっぱりST継続率80%はダテじゃないですね!

 ちなみに……ですが、10万勝ちの残りの1回は『北斗の拳7』。大勝ちを目指すならやっぱり『北斗』シリーズだなと、新基準になっても爆発力をキープし続ける裏切らない開発力に、僭越ながら感謝申し上げます。本当に、本当にお世話になりました!

 いかがでしたでしょうか? 2018年もみなさんのプラス収支に少しでも貢献できるよう、冒頭でも書いた通り、「自分も堅く勝つ」。そして「ちゃんと締切を守る」を目標に、ためになるコラムを発信していければいいなと思っています。来年もみなさんのパチンコライフが素晴らしいものになりますように。それではGOOD LUCK! 良いお年を〜!

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

関連記事(外部サイト)