近藤春菜、安室紅白に「ファン目線」コメントで称賛

近藤春菜、安室紅白に「ファン目線」コメントで称賛

記事画像

 12月31日に放送される『NHK紅白歌合戦』に、歌手の安室奈美恵(40)が出場することが発表され大きな話題を集めた。これまでたびたび“安室ファン”を公言してきたハリセンボンの近藤春菜(34)が、12月20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で紅白への思いを語り、ファンから「さすが春菜ちゃん!」と絶賛を浴びていたようだ。

 この日の番組では、冒頭から安室の紅白出場の件を取り上げ、出演者たちそれぞれが思いをコメント。MCの加藤浩次(48)から「うれしいでしょ?」と話を振られた近藤は「素直にうれしいです! ありがとうございます!」と即答。「出ないのかもって思っていたときも、出なくてもそれはそれでいいかなと思っていたけど、こういう決断をしてもらったら率直にうれしいです」と感動を伝えた。

 来年2月からドームツアーを行う安室。65万人の動員を予定するコンサートツアーに、320万通の申し込み希望者が殺到したことで、19日には急遽追加2公演の開催が発表された。加藤が、今回の紅白への出場はコンサートに来られないファンのためでもあるのではないかと推測すると、近藤は「スケジュールで行けない人のためにもとか、いろいろ考えられてると思うんですけど」と前置きしつつ、「やっぱ歌う場所とか、歌う曲とかは安室さんの好きに、カウントダウンしたい場所で歌ってほしいっていうのがあります」とファンとしての思いを語った。

「安室の紅白出場に関しては、おぎやはぎの小木博明(46)は21日放送のラジオ『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で“格が下がった”と発言しています。安室がテレビではなく、コンサートを重視するスタイルをとってきたことで、ラストもファンはそれを望んでいるはずだという意見で、“なるほど”と思わせる推察ではありました。しかし、近藤の一連の意見はひたすら安室の気持ちを尊重したもの。彼女の人柄の良さが出ていて、ファンからも拍手が送られているようです」(芸能誌ライター)

 この日の『スッキリ』での近藤のコメントに対して、ネットではさまざまな意見が上がったが、「春菜ちゃんの喜んでる姿見て、本当に好きなんだって気持ちが伝わってきた」「やっぱり最後にもう一回テレビで見られるのは私もすごくうれしい」「さすが春菜ちゃんだな、安室ちゃんへの愛がすごくよく分かる」と近藤の“安室愛”を再認識したという人からのコメントが目立った。

関連記事(外部サイト)