山口百恵・桜田淳子・森昌子ほか伝説の「三人娘」秘話公開

山口百恵・桜田淳子・森昌子ほか伝説の「三人娘」秘話公開

画像はイメージです

 歌手の森昌子が2019年(令和元年)いっぱいで、2度目の引退をする。「3人の息子は成人し、長男と三男はミュージシャンとして活躍。経済的な心配がなくなった今、“静かな生活を送りたい”というのが、本心なんだと思います」(芸能リポーターの石川敏男氏)今のところ、NHK『紅白歌合戦』の出場者リストに彼女の名前はないが……。

「スペシャル枠での追加出場を期待する声も大きい。ただ、NHKがそれをやるかどうかは、なんとも言えませんね」(前同)

 今年は、山口百恵の近影が公開されたこともあり、かつての「花の中三トリオ」が再注目された。 そんな年を締めくくる意味で、ここでは「中三トリオ」を含む、日本の芸能史に残る3組の「三人娘」の秘話を届けたい。

「三人娘」の元祖はもちろん、美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみである。ひばりは8歳で初舞台を踏み、1949年(昭和24年)に12歳で映画初主演。その主題歌『悲しき口笛』を大ヒットさせている。チエミは、15歳になったばかりの52年(昭和27年)1月に『テネシーワルツ』でデビュー。“美空ひばり以来の天才少女”と呼ばれる。中学卒業後、進駐軍クラブで歌うようになったいづみは、53年(昭和28年)にレコードデビューし、短期間でスターの地位を得る。

「3人の天才少女は、比較されるようになっていく。所属先が別だったのでトリオとしての活動はなかったものの、“そろって歌うシーンを見たい”という声は大きく、東宝が共演映画を実現させるんです」(映画ライター)55年(昭和30年)公開の『ジャンケン娘』である。「クレジットはひばりがトップですが、ポスターではチエミが真ん中に。また、ラストの歌唱場面では、いづみがセンターです。力が強かったひばりサイドが、他の2名を立てていたのかもしれません」(前同)

「三人娘」と呼ばれ、心を許せる親友同士になった3人だが、どうしても周囲は芸歴が長いひばりを特別扱いしがちだった。だが、他の2人との間に溝はなかった。「今以上に特殊な世界だった当時の芸能界で、同年代の友達は、ひばりさんにとって大切なものだったと思います」(前出の石川氏)

 同じ37年(昭和12年)生まれの3人には、いくつもの共通点があった。「少女時代から歌で家計の一部を支えていたことが一つ。また、結婚に失敗したこと、そして、身内に苦しめられ、どん底を経験したことも共通しています」(スポーツ紙記者)

 ひばりは19歳の頃に、バックバンドのマスターである小野満と婚約するも、しばらくして関係を解消。「その数年後に、対談で出会った小林旭さんに夢中になるんです」(前同)

 どうしても結婚したかったひばりは、ある超大物に相談する。「当時、後見人だった山口組の田岡一雄三代目組長です。三代目は小林宅を訪ね、“天下のひばりが惚れたと言うとんのや。男冥利に尽きるやろ”と結婚をプッシュしたといいます」(同)だが、この結婚生活は短期間で破綻。以後、彼女は独身を貫くことになる。また、ひばりは、弟の反社会的な行動により、『紅白』から追放され、全国のホールから締め出しを食うなど苦しい時代を過ごす。

関連記事(外部サイト)